若手声優出演で、志駕晃作『スマホを落としただけなのに』の続編「囚われの殺人鬼」を朗読劇化 

SPICE

2019/11/1 14:30



朗読劇『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』が2020年1月11日(土)から1月19日(日)まで銀座・博品館劇場で上演されることが決定した。本作は、「ラジオ番組からスター声優を生み出したい」という想いで2013年12月にスタートし、2016年3月の番組終了までニッポン放送とラジオ大阪で122回放送したラジオ番組「ニッポン朗読アカデミー」のスピンオフ企画・朗読劇の第六回公演だ。

2016年11月に行った第一回から定期的に開催している本公演は、第二回を2017年5月に、第三回を2017年11月末に、第四回を2018年4月に実施。前回作となる2019年1月に行われた第五回では、シリーズ累計70万部突破のミステリー小説で、2018年11月には映画化もされた大ヒット作品、志駕晃著「スマホを落としただけなのに」を初の朗読劇化し話題を集めた。

今回の公演は、2020年2月21日(金)に映画公開も決定している、前作の続編である「囚われの殺人鬼」を上演する。出演は伊東健人、神尾晋一郎、中島ヨシキ、西山宏太朗、羽多野渉、比留間俊哉、米内佑希、ランズベリー・アーサー、青山吉能、茜屋日海夏、奥野香耶、澁谷梓希、高木美佑、田中あいみ、田中美海、南早紀、山下七海/植木慎英、土田玲央、馬場惇平を予定している。

「スマホを落としただけなのに」続編


神奈川県警生活安全サイバー犯罪対策課の桐野良一は、あるPCの中から、死体で見つかった女の情報を探っていた。
そのPCは、 世間を震撼させた「丹沢山中連続殺人事件」の犯人のものだった。犯人は、桐野にある取引を持ちかける――。いっぽう、 巨額の仮想通貨流出事件が発生。
セキュリティ会社で桐野の恋人・美乃里のもとに、ハッカーらしき男からコンタクトがあり……。
(C)宝島社文庫
(C)宝島社文庫

宝島社が主催する第15回『このミステリーがすごい! 』大賞・隠し玉作品として、シリーズ累計70万部突破のベストセラーサスペンス「スマホを落としただけなのに」 。メディアミックス展開も大きな話題となっている本作品は、マンガ、 オーディオブックに続いて、 2018年に映画「スマホを落としただけなのに」も公開され、 大ヒットを記録した。
この作品の続編となる 「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」は、2020年2月21日(金)に映画公開も決定。そしてこのたび、若手声優達による朗読劇化が実現する。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ