あなたのおうちは大丈夫?<クローゼットの収納術編>

めるも編集部

2019/11/4 06:15

 

忙しい朝に限って、着たいお洋服がすぐに見つからない!!そもそもクローゼットの上手な使い方が分からない!!そんなお悩みの方は意外と多いのではないでしょうか。

 

 

実は、クローゼットにも使い方のコツがあります。

それは、目的別にクローゼット内にゾーンを作ること。ちょっとしたコツを取り入れて心ときめくクローゼットを作りましょう。

 

 

 

クローゼットの中身、どんな目的のものがある?

 

クローゼットの中に収納するものを分類するとこのように分けることができます。

 

・仕事用の服とプライベートの服

・オフシーズンの服

・小物類(バッグやスカーフ、ベルトなど)

・その他(スーツケース等)

 

家のクローゼットが使いにくいと感じる場合、この分類がうまくいっていない場合が多いのです。

 

 

まずは目的別に分類。目的別のゴールデンゾーンに配置する。

 

・仕事用の服とプライベートの服

 

良く使う仕事用の服はクローゼットを開けてからすぐ取れる場所へ。プライベートの服は扉の端側へ。

 

 

 

引き出しの場合は手前側に仕事用、奥側にプライベートの服を持ってきましょう。

 

 

・オフシーズンの服

 

一番上に置きます。ほこりが付かないように蓋つきのケースに入れることを忘れずに。

 

 

・小物類

 

フック式のハンガーや壁、扉裏を利用しましょう。掛けるだけ、置くだけ、で収納できるワンアクションが理想です。

 

 

 

また、余談ですが壁につけられる照明をクローゼットに張り付けるだけでもクローゼットの中が見やすくなり、使い勝手が向上します。

 

 

(写真はIKEAの照明です)

 

・その他

スーツケースはカラーボックスの奥へ。中には旅行グッズやシーズンモノ(例えば登山用品だったり水着など)を詰めて無駄なく収納しましょう。

筆者もスーツケースの中は趣味のシュノーケリンググッズを入れています。

 

着るか迷う……捨てたらもったいないお洋服はどうする?

 

 

服を分類した上でもう一つ、大切なポイントがあります。

それは、『着ない服をクローゼットに戻さないこと。』です。実際に整理収納作業をさせていただくお宅でも、着ようと思って残していた服よりも、次シーズンに新しく購入した服の方が着る確率が高いのです。

つまり、「着たいお洋服だけど、この先着るかな……」というお洋服に出会ったら、モノを減らすチャンスだととらえましょう。

今シーズン着ようと思っていたけれど、結局着られなかったお洋服は、残念ながら次のシーズンで着ることはほぼありません。

名残惜しいですが、価値が下がる前に着なかった服をリサイクルショップなどで手放して、今の自分に似合うお洋服を買うこと。そうすることで美しいクローゼットを作るだけでなく、自分自身も輝く生活が送れるのです♡

 

執筆/撮影 おうちデトックス 成島りさ(なりしま りさ)

 

おうちデトックス
https://ouchi-detox.com

おうちデトックスは、お片づけのプロ集団。また整理収納だけでなく、その先のインテリアコーディネートを同時に行うことを得意としています。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ