チョロ松&十四松が『IT/イット』を紹介! 『おそ松さん』とのコラボ映像完成

クランクイン!

2019/11/1 08:00

 現在公開中のスティーヴン・キング原作の映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』より、アニメおそ松さん』の劇場版『えいがのおそ松さん』とのコラボ映像が完成。チョロ松(神谷浩史)と十四松(小野大輔)が登場し作品を紹介するほか、「“IT”を知らないと…女の子にモテない!」などとコミカルにアピールする姿を収めている。

20歳を過ぎても定職につかず、クズでニートな兄弟「おそ松さん」が、“ルーザーズ・クラブ”日本代表として『IT/イット THE END』とコラボレーション。先日発表された、劇場版『えいがのおそ松さん』(11月6日Blu‐ray&DVD発売)と“IT”の描き下ろしコラボビジュアルは、大きな話題を呼び海外メディアでも取り上げられた。そして本作の公開日となるきょう11月1日、コラボ第2弾として、特別映像「チョロ松と十四松が紹介する『IT/イット THE END』」が公開された。

映像に登場するのは、まじめそうに見えてそうでもない、自意識が高く、指摘されるとオラつく松野家の三男・チョロ松(神谷浩史)と、テンションとフィジカルを担当、超絶おバカキャラの松野家の五男・十四松(小野大輔)。本作の日本語吹き替え版のベン役に小野、エディ役に神谷がキャスティングされていることから今回の第2弾コラボが実現した。

特別映像は、チョロ松と十四松が、作品について本編映像を挟み込みながら語り合う形式で展開。“IT”を知らないという十四松に対し、「“IT”も知らないの? それ、ヤバいよ。そんなんじゃ、女の子にモテないよ!」とたたみかけるチョロ松。そして十四松が「へー、でもルーザーズ・クラブ(負け犬)って何か親近感!」と語ると、チョロ松が「そうそう、僕たちも立派な負け犬…で、そこに親近感抱くなよ!」と返すなど、コミカルなやりとりを繰り広げる。

さらに十四松が「で、“それ”ってなんなの?」と本作に登場する不気味な殺人ピエロ=ペニーワイズについて率直な疑問をぶつけると、チョロ松は「子どもを襲うピエロだよ。見れば分かるでしょ」と回答。さらに「十四松、“IT”を知らないと怖いことが起こるよ。“IT”を知らないと…女の子にモテない!つまり、一生童貞~!」と高らかに告げ、その言葉に十四松が「えー! こわーい! 映画館に行ってくるー!」と叫んで映像は終了。“ルーザーズ・クラブ”日本代表の彼らならではの、ユーモラスな作品紹介映像となっている。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は公開中。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ