『磯野家の人々』20年後のかおりちゃんは黒川智花 “金八”同級生・濱田岳と共演

クランクイン!

2019/11/1 06:00

 女優・天海祐希の主演でサザエさん一家の20年後を描くスペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系/11月24日20時)に、女優の黒川智花が出演することが発表された。黒川は、カツオのクラスのマドンナ・かおりの20年後を演じる。

1969年のテレビアニメ放送開始から10月で50周年を迎え、その記念すべき年に磯野家の20年後をオリジナル脚本で描く本作。天海がサザエを演じるほか、マスオ役を西島秀俊、カツオ役を濱田岳、ワカメ役を松岡茉優、タラオ役を成田凌、フネ役を市毛良枝、波平役を伊武雅刀が務める。

かおりは、かもめ第三小学校でカツオのクラスメートであり、クラスのマドンナ的存在だ。カツオも思いを寄せるひとりで、アニメではカツオの恋心が描かれる際に登場することが多い。カツオとは、20年たった今でも、相変わらず“同級生”として付き合いを続けており、たまにカツオがシェフを務める洋食店で花沢たちと集まっては近況報告をしている。

容姿端麗な女性へと成長したかおりは、華やかな世界に憧れ、“読者モデル”をやりながらオーディションを受け続けている。大学を卒業してからも夢を追いかけ続けているが、結婚、出産、仕事のキャリアアップなど、人生の過渡期を迎えている友人たちと自分を比べては、不安に駆られてもいる。そして、気心許す同級生たちの前ではついワインを飲み過ぎてしまい弱音を吐いては、夢のためにチャレンジを続けている。

「『金八先生』でクラスメートだった(カツオ役の)濱田岳くんと再会出来て、懐かしさと嬉しさでいっぱいでした」という黒川は、「愛らしい少女のかおりちゃんが、大人になってお酒を飲む姿は想像したことがありませんでしたが、長年の友人の前だからこそ見せられる表情があるのかなと思って演じました。皆々の20年後をお楽しみに」とコメントした。

スペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』は、フジテレビ系にて11月24日20時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ