『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』10分拡大版が2週間限定公開

クランクイン!

2019/10/31 18:15

 クエンティン・タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の10分拡大版が、11月15日より2週間限定で公開されることが決定した。

タランティーノの9作目の長編監督作となる本作は、1969年の米ロサンゼルスを舞台に、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという2大スターを初共演させ、2人の友情と絆を軸に、ハリウッド黄金時代の光と闇を描いた作品。同監督が製作・脚本も担当し、実際に自分が育った当時のハリウッド、そしていまや失われてしまったハリウッドを、郷愁とリスペクトを込め、5年の歳月を費やして脚本を執筆した。

8月30日の日本公開から2ヵ月経った現在、2003年に公開された『キル・ビル』(最終興収25億円)に続く2位の興行成績(現在11億5000万円超え)を記録している。

この度、現在アメリカで公開中の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド/エクステンデッド・カット』の日本公開が決定した。この“エクステンデッド・カット”は、全く新しい4つのシーンを加えた10分拡大版となる。

本作は早くも来年のアカデミー賞にて、レオナルド・ディカプリオが主演男優賞に、ブラッド・ピッドが助演男優賞にノミネートされるだろうと予想されている。なお、今回の10分拡大版の公開により、日本での最終興収は12億円を超える見込みだ。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド/エクステンデッド・カット』は、11月15日よりTOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ 梅田、TOHOシネマズ なんば、TOHOシネマズ 名古屋ベイシティにて2週間限定公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ