ALL100均で簡単おしゃれ♡ 『ダルメシアンネイル』のやり方は?

 

LINE公式ブロガーのきゃのです。

 

この連載では、100円ショップを中心としたプチプラネイルアイテムのご紹介やセルフネイルの方法をお伝えしていきます!

 

第37回のテーマは、『ダルメシアンネイル』。

 

毎年秋になるとアニマル柄がよく出てくるイメージです。 今年はファッションでもレオパード柄などよく見かけますね。 ダルメシアン柄もネイルでは比較的やりやすいと思います。

 

それでは”こっくりカラー”でお手軽に秋ネイルをしてみましょう!! レオパード柄は難しいと諦めていた方にこそおすすめ、ダルメシアン柄でこの秋のネイルを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

必須アイテムは『ドットペン』!!

 

 

こちらセリアで販売されているものですが、シリコンで出来ています。ほかの100均でもシリコンブラシは販売されていますので、お好みのものを見つけてみてくださいね!

 

ダルメシアンのあのいびつで丸っこい柄を表現しやすいですよ!

 

ALL100均『ダルメシアンネイル』レシピ

 

■使用アイテム

左から、
・ダイソー URGLAM  WT1
・キャンドゥ TMネイルポリッシュ キャラメル

・ダイソー フレンドネイル オリーブグリーン
・ダイソー フレンドネイル ブラック

 画像なしアイテム
・セリア シリコンブラシ ドットペン

※ベースコート、トップコート必ず使ってください。お好みのものをどうぞ!

 

まず、ホワイトを親指に2度塗りします。
続いて、人差し指、中指、小指にキャラメルを、薬指にはオリーブグリーンをそれぞれ2度塗りにします。

 

しっかり乾かしてベースカラーを仕上げましょう。

 

 

ここでダルメシアン柄を作っていくために、シリコンマットにブラックを少し出しておきます。

使う量だけ少しずつ出すのがおすすめです。すぐに乾いちゃいますからね!

 

 

それではシリコンブラシのドットペンで、ダルメシアン柄を描いていきます。

 

シリコンブラシがおすすめですが、通常のドットペンでもいいです。爪楊枝の後ろ部分などでもいいです。丸みを帯びたいびつな模様ができればいいので、丸い先であれば使えると思います。

 

シリコンだとベースカラーをえぐることが少ないのでやりやすいです。通常の硬い棒状ですと、えぐってしまう可能性もあるので力加減に注意してくださいね!

 

 

チョンチョンとずらして歪ませる、もしくはチョンと置いたまま引っ張ってずらすなど、大中小と大きさも変えつつ描いていきましょう。

右端の画像のように、サイドもしっかり書くことで柄の偏りがなくなるので、描き入れてください。

 

 

中指やオリーブグリーンを塗った薬指に、ホワイトで塗りかけを作ります。

 

 

親指同様、ダルメシアン柄を入れていきます。この時も塗りかけのホワイトの端部分もダルメシアン柄が途切れているかのような切れ端を描いていきましょう!

 

柄がなんだか中心に寄っているかも?と思うときは、切れ端を作るとバランスが良くなりますよ!

 

ちなみにフラワーのネイルシールも同じです。半分に切って端に貼るとバランスが良くなるのです!ちょっとしたポイントですね!

 

ちなみに人差し指と小指には遊び心で犬の足跡を描いてみました。これで完成です!

 

 

柄のバランスが難しい、しっくりこない……ということがありますよね!

 

総柄は特にバランスが難しく感じますが、切れ端がポイントといえばよいでしょうか?参考にしてみてくださいね!

 

大きな面積だとごまかしがきかない……という時は今回のような塗りかけの中を柄にするのもいいと思います。ダルメシアンってことは伝わりますし、このテクも使うとより楽しめるかもしれません!

 

塗掛けが難しい!と言われる方は、丸フレンチ、ハーフフレンチで面積を小さく。それに合わせて、ダルメシアンの黒い面積も小さくしても良いかもしれませんね!

 

アレンジでいろいろ試してみてください!

 

「#100均ネイルのススメ」アンケート実施中!

 

本連載では、現在アンケートを行っています。セルフネイルで悩んでいること、気になっていること……ぜひ教えてください!

アンケートはこちら

 

WRITER

  • きゃの
  •        

  • 100均・プチプラネイルでセルフネイルを楽しみまくっている「きゃの」です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ