インフルエンザにかかった時、彼女にしてもらって嬉しかった&嫌だったこと

fumumu

風邪(FlyMint Agency/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
早くもインフルエンザが流行り出した今年。予防接種を打つ前に感染してしまった…という人も多いのではないでしょうか。

インフルエンザは本当に辛く、1人暮らしをしている場合は誰かに助けを求めたくなりますよね。

そこで、fumumu取材班が、インフルエンザにかかった時に、彼女にしてもらって嬉しかったことと嫌だったことについて、経験者の男性たちに詳しい話を聞きました。

◼️嬉しかったこと


関連記事:インフルエンザ発症後に職場で言われて傷ついた一言

(1)病院への付き添い


「インフルエンザで熱が39度を越えてしまい、動くこともままならずベッドに横になっていたら、彼女がウチに来て、タクシーで病院まで連れて行ってくれました。


発症後48時間以内であれば抗インフルエンザ薬の効果が期待できるらしく、彼女のおかげで命拾いしました」(20代・男性)

(2)おかゆの作り置き


「インフルエンザにかかってしまった時、彼女がおかゆを作り置きしてくれて本当に助かりました。熱があっては買い物にも行けないし、もちろん料理をするなんて無理。


だからと言ってデリバリーを食べる気にもならないし…彼女の優しさが本当に嬉しかったです」(20代・男性)

(3)職場へのお休みメール


「インフルエンザの高熱で意識が朦朧とする中、彼女が確認しながら職場へのお休みメールを送ってくれ、助かりました」(20代・男性)

◼️嫌だったこと

(1)いつも通りのスキンシップを要求


「インフルエンザで寝込んでいるのに、お見舞いがてらウチに来て、いつも通りのスキンシップを要求してくる彼女。40度近い熱があるのに、そんなことできるわけありません。もはや、迷惑でしかありませんでした」(20代・男性)

(2)「具合いどう?」としつこい質問


「とにかく静かに寝かせておいて欲しいのに、『具合いどう?』と何度もしつこく聞いてくる彼女にウンザリ。お見舞いに来て貰えたのは嬉しかったですが、早く帰って欲しかったです」(20代・男性)

(3)「私がいて助かったよね」の押し売り


「インフルエンザが治った後もずっと、『私がいて助かったよね』とずっと言われ続けているのがストレスです。看病してくれたことに感謝はしているけれど、恩義せがましい!」(20代・男性)


インフルエンザで高熱が出ている時は、想像以上に辛いものです。

嫌がられるようなことは避け、嬉しがられるようなケアをしてあげたいものですね。

・合わせて読みたい→ありえない…女子大生のブラックアルバイト経験談

(文/fumumu編集部・志都)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ