「お散歩」に反応する愛犬に他の単語を話していると… 夫の反応に爆笑

しらべぇ

(Bigandt_Photography/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
一緒に暮らしていると、犬も人間の言葉を覚えるもの。しかし、それがときに家庭内に混乱を招くことも。

恋愛マスターとして人気を集めるタレント・くじら(44)の妻で、ブロガーの佐々木かいさん(30)のブログ記事が注目を集めている。

■お散歩に反応する愛犬に…


現在、生まれ育った東京を離れて、郊外で夫のくじらと、愛犬ののりたま(パグ)と暮らしているかいさん。この日はのりたまをめぐって起きた出来事について綴る。

最近、のりたまが「お散歩」という言葉に敏感で、「お散歩」と言うと首を傾げるようになったという。その姿がかわいく、散歩に行く前には何度か言っていたかいさんだが、ふと「他の言葉でも首を傾げるのかなぁ?」との疑問を抱くことに。

そして、のりたま氏に向かって試しに「お母さんおばあちゃん」と連呼していたところ、そこにくじらがやってきた。


関連記事:深夜0時に突然のインターホン 夫留守中に鳴らした人物の正体は…

■目撃した夫「大丈夫?」


愛犬に対して「お母さん」「おばあちゃん」と連呼していた妻の姿を見たくじらは「かい、大丈夫? のりたまはお母さんじゃないよ? どうかしちゃった?」と、かいさんが情緒不安定になっていると勘違い。心配してきたという。

それに対し、かいさんは「ただ首を傾げるか試してただけだよ」と伝えたが、そこでくじらが「いや、なんでお母さんおばあちゃん?」とツッコミ。かいさん自身、自分でもなぜだかわからなかったそうだ。

つまり、とくに深い意味なくその言葉をチョイスしたということだろうが、「もっと違う言葉で試せば良かったです」と述べたかいさんだった。

■「わかる」「うちの犬も」


なお、のりたま氏は「お母さん」にも「おばあちゃん」にも反応せず。

このブログ記事に対し、読者からは「朝から爆笑してしまいました」の声のほか、「うちのプードルたちも お散歩の言葉にはとても敏感です。 お散歩って言わなくても 私が行こうかなと思っているだけで 察していたりします」「わかるー! うちの子は『お散歩』と『ササミ』に反応して首を傾げますー!」など、同じように犬と暮らしている人から共感の声が寄せられた。

■気持ちが不安定な人は4割弱


しらべぇ編集部では以前、全国20~60代の男女1,344名に「精神状態について」の調査を実施。その結果、「気持ちが不安定なことが多い」と答えた人は全然の37.3%であった。性年代別では、20代から30代の女性で多くなっている。



くじらに情緒を心配されたと綴ったかいさんだったが、実際はその逆で、家庭内が平和なのが伝わってくるブログであった。

・合わせて読みたい→掃除嫌いの主婦に夫が放った「すごい言葉」 意味に気付いて驚いた

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日
対象:全国20代~60代の男女1,344名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ