滝沢カレン、「同じお店では二度と買い物ができない」と驚きの告白

※画像は、滝沢カレンさん 公式Instagram より

 

10月26日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で、滝沢カレンが「スーパーやコンビニなど、同じお店に二度と行けない」と告白するとともに、その理由を「同じ店員さんに『また〇〇買ってる』と思われるのが恥ずかしい」と明かして出演者らを驚かせた。

 

家の近くではもう行く店がない?

 

久本雅美が「コンビニとかスーパーで困ることがあるって何?」と尋ねると滝沢は「同じお店に二度と行けないんです」と答え、「何で?」と不思議がる久本。これに滝沢は「小学生からよくおばあちゃんとかに買い物言われるじゃないですか。料理酒とかみりんとか買って来いって言われた時に、同じコンビニに行ってると思ってたおばあちゃんは大間違いで、私は毎日毎日スーパーとかコンビニを変えてた小学生だった」と話す。

 

どういう理由か聞かれると滝沢は「本当に恥ずかしくて。同じ店員さんにまたみりん買ってるとかまた醤油買ってるとか。買うって私達の欲じゃないですか」と返答。いとうあさこが「生きるためのね」というと滝沢は「それが恥ずかしくて。生きるためにこの人は今これを飲むんだとか」と話し、「みんなそうだよ!」という久本に「それがずっとできなくて。それは今でももちろん変わりませんし」と話す。

 

続いて久本は「行くとこ無くなっちゃわない?家の近所」と尋ね、「だから巡り巡ってすっごい遠くまでも行きますし、近場も行きますし」という滝沢に「仕事で何かあった時は、ここは遠いからここだったら二度と来ないから買っちゃえとか?」と推察。滝沢は「二度と行かないところで買うのが大好きで。スーパーだけと思いきや、けっこうコーヒー屋さんとかでも1人分買うって思われたら『今からこいつは1人でコーヒー飲むのか』って思われるのが恥ずかしいので」と話し、いとうは「恥ずかしいことじゃないよ!」と意見した。

 

滝沢は「『また来た』とか『また買う』『また食べる』とか、それが恥ずかしいので」とし、「だからいっぱいあるお店が大好きなんです。ラ・ボエムさんとかは、渋谷店行ったら今度新宿店も行ける、銀座店も行けるって」と話していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ