中山美穂 7年ぶりバラエティー出演、松尾スズキと「ヤバい」エピソード合戦に

dwango.jp news

2019/10/28 00:38


「大人計画」の主宰・松尾スズキが監督・脚本・主演を務めた映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』が10月25日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷 ほかにて全国公開した。



昨年活動30周年という節目を迎え、作家、演出家、映画監督、俳優など多岐にわたって活動を続けてきた松尾スズキが自ら“到達点”と語っており、注目を集めていた本作。愛妻がSNSに投稿した浮気写真を見て激怒した主人公が、「全財産を使って”いいね!”の数だけ女を抱く」という、あまりにバカバカしい計画を思いつくという物語。常軌を逸したドタバタぶりに劇場で爆笑が巻き起こっている抱腹絶倒コメディだが、本作で主人公・海馬五郎の妻・綾子を演じた中山美穂のコメディエンヌぶりが話題となっている。

この度、中山美穂が10月27日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所」にゲスト出演した。

中山の日本テレビのバラエティ番組出演は2012年9月に放送された「アナザースカイ」以来実に7年ぶり。

番組では、「あの人ヤバいんです!」と題し、ゲストが挙げるヤバい人たちのエピソードを披露。中山は、『108~海馬五郎の復讐と冒険~』の松尾スズキ監督をあげ、監督をしながら自分の映画で主演も務める姿に、撮影中から「多才すぎてヤバい」と思っていたことを告白。そんな中、松尾監督がサプライズでスペシャルゲストとして登場すると、松尾監督は「こちらからしたら、(中山美穂さんも)ヤバいですよ、この人は」と、逆に今度は、中山の驚愕エピソードを披露。監督曰く、深夜のバーで90ページ近くある本作のシナリオを最初から最後までみっちり説明をさせられたという。

今回、2人が共演した映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』のPRで出演した訳だが、渡部建がいつものお知らせパートで話題を振られると「いや、私を見られてもですね、、、お察しください!」と、かなり気になる一言を残し番組が終了。本作はコメディでありながらR18指定がついており、「”いいね!”の数だけ女を抱く」というとんでもない設定のため、地上波の制約によっていつもは饒舌な渡部ですら言葉に詰まるという事態が発生したのだった。前代未聞の復讐を描いたコメディである本作にちなみ、前代未聞のPR方法で視聴者を笑わせた。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ