スーパー玉出の激安肉で『いきなりステーキ』を再現したら… 「ヤバすぎる」

しらべぇ


お手頃価格で美味しいステーキを食べられるお店といえば『いきなりステーキ』だ。しかし、中には工夫をこらし、時間を費やし、もっと安価でその美味しさを味わおうとする人もいる。

亀田三兄弟の父親でボクシングコーチ・YouTuberの亀田史郎氏が、自身のチャンネルにアップした動画が話題になっている。

■100グラム150円の激安肉が……


この日、亀田氏は激安肉を使って、『いきなりステーキ』の味を完全再現することに挑戦。牛肉を購入したのは大阪府を中心に展開している激安スーパー『スーパー玉出』で、240グラム388円というお値段だ。

第一の工程はタッパーの中に肉を入れ、炭酸水を注ぎ込むこと。この状態で冷蔵庫にて3時間寝かせて肉を柔らかくしていき、その間に特製ソースを作っておく。


関連記事:小林よしひさ、いつまでもお兄さん宣言! 「見た目の問題と、世間が許すまでは」

■ひたすら柔らかくしていき……


牛肉を炭酸水に浸し終えると、この時点ですでに肉はかなり柔らかくなっていた。だが、A5ランクを目指すと意気込む亀田氏は、さらに柔らかくするために「お肉やわらかの素」と「コーヒーミルク」をすり込み、ラップに包んで冷蔵庫で30分から1時間ほど寝かせる。

その後、牛脂を塗り込むと、やっとのことで焼くステップに。ポイントは弱火で焼くことで、そうすることで肉が硬くならないという。最終的にコーンやバター、スライスガーリックなどを添えると、ビジュアルは完全に『いきなりステーキ』のそれに。

実際に食べてみると、亀田氏は「ありえへん」「めちゃ柔らかい」と大絶賛。「みんなほんまにこれ真似してほしい」と述べると、「いきなりステーキより美味い」とのコメントまで飛び出した。

■「天才」「見るからにヤバそう…」


牛肉に炭酸水、コーヒーミルク、牛脂等を使うアイデアは、これまで多くの料理ブロガー、ユーチューバーたちが試してきた技。しかし、ここまでの激安肉を使った人はいないのではないか。

コメント欄では「史朗さんの手料理食べたい」「さすが史郎さん! 料理の天才だな!」などと感心する人がいる一方、「絶対うまいけど体には悪そう、けど食べたい」「肉が安いと不安になる」「見るからにヤバそう……」などの声も確認できる。

■レシピ動画を参考に料理を作った人は…


YouTubeなどに投稿されているレシピ動画を見て「作ってみよう!」と実際に試した経験はないだろうか。しらべぇ編集部が全国10~60代の料理をする男女1,242名に調査したところ、半数近くが「レシピ動画を観て料理を作ったことがある」と回答している。



予想外に(?)料理上手な一面を感じさせた亀田氏。今後の動画にも期待だ。

・合わせて読みたい→アメリカ人が教えてくれた『テキサス風朝食タコス』が想像超えるウマさ レシピも紹介

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の料理をする男女1,242名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ