劇場アニメ『キミだけにモテたいんだ。』を手がけるのは秋元康! コメントも到着

『あなたの番です』(日本テレビ系『日曜ドラマ』にて2019年4月14日~9月8日まで放送)の企画・原案を務め、前代未聞の”交換殺人ゲーム”を題材に、謎が謎を呼ぶ物語で話題をさらった秋元康が、次に手掛けるのはアニメだった!? アニメーションファンはもちろん、映画ファンも心騒がせ、心躍らせずにもいられないオリジナルアニメーションがいよいよ本日より公開! 秋元康 企画・原作のもと、脚本構成・岡田麿里×キャラクター原案・ヤマコ(HoneyWorks)夢の初コラボも実現!

本作『キミだけにモテたいんだ。』は、見た目はいいのに不器用で、どこか”残念”な男子高校生たちが、ぐるぐる空回りしつつも『キミ』との出会いをきっかけに変わっていくーー。はじめての恋と、そして友情の意味を知る青春純情ストーリー。10月25日(金)全国公開となっている。

そんな本作で脚本構成を担当するのは、長編劇場アニメーション『さよならの朝に約束の花をかざろう』で監督を務めた脚本家・岡田麿里。『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』、『空の青さを知る人よ』(10月11日公開)など心の機微を丹念に描き出す名手が、本作では『モテメン甲子園』という意表を突いた設定の中、新境地を開拓! 多感な男子高校生たちの葛藤と成長をコミカルにもリリカルにスケッチ。これまでよりもポップにして奥深い、新たな名作が誕生した。

さらに、キャラクター原案を務めるのは、動画投稿サイトで関連動画の総再生数が4億回を超えるクリエイターユニット『HoneyWorks』のイラストレーター、ヤマコ。岡田が描き出す青春模様と、美麗かつエモーショナルなヤマコのビジュアルによるコラボレーションが、ここで実現した。

アニメーション制作は、『バースデー・ワンダーランド』『走り続けてよかったって。』『ひるね姫~知らない
ワタシの物語~』などを送り出したSIGNAL.MD。そして監督には『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』『ハンマー
ヘッド』の助監督などを務めた新進気鋭の久藤瞬が務める。

声の出演には、斉藤壮馬、内山昂輝、富園力也、松岡禎丞、梅原裕一郎、石川由依といった人気も実力もある新世代の注目声優陣が集結。秋元康の完全描き下ろし歌詞、youth case作曲による主題歌『ハイスクールプリンセス』を、斉藤壮馬、内山昂輝、富園力也、松岡禎丞、梅原裕一郎の5人が小田原城星高校モテメン部として歌う。

スタッフ・キャストあわせ、まさに今が旬の〈モテ〉る面々によるアニメーションの甲子園が、いま開幕!

<企画・原作 秋元康コメント>
一般的に”モテる”というのは、不特定多数の人間に好意を寄せられることだと思われている。多くの人間が、モテたいと願う。では、”モテる”のに、世界でたった一人、自分が好きな人だけが振り向いてくれなかったとしたら?  それでも、”モテる”のは幸せだと思えるだろうか?  いや、きっと、そうは思わないだろう。不特定多数の人間に好意を寄せられても意味がないと気づくに違いない。大切なことは、自分が好きな人が振り向いてくれるか、どうかだ。好きな人だけにモテればいい。
キミにだけモテたい。すべての恋をする人たちに贈る。

(C)2019『キミモテ』製作委員会

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ