久保田悠来「誕生日ではないお祝いができた」と新婚の細貝圭を祝福 舞台版「サイコパス」初日開幕

テレビファン


 舞台版「PSYCHO―PASS サイコパス Chapter1ー犯罪係数ー」公開舞台稽古と初日会見が25日、東京都内で行われ、出演者の久保田悠来、前山剛久、真田佑馬、橋本祥平、細貝圭、今村ねずみほかが登場した。

大人気アニメの舞台版である本作は、アニメ版脚本の虚淵玄氏が全面監修。市民がシビュラシステム(人間の心理状態や思考傾向を数値化して監視するシステム)に管理される近未来での、刑事と“潜在犯”らの戦いを描く。

まず、狡噛慎也役の久保田が「今日はあいにくの天候ですが、むしろサイコパスらしい始まりだなと思います。最高のキャストが集まりましたので、“最高パス”で送りたいです」とあいさつして笑いを誘った。

一方、宜野座伸元役の真田は「宜野座とは誕生日も実年齢も一緒。僕が劇中の時代に生きていたらどうなったのかなと思う」と感慨深そうに語った。

縢秀星役の橋本が「三浦(香)さんの演出は役を掘り下げて人間性を出していく。葛藤し、色相を濁らせながらも、今日この場に立てたことを喜び、本番に挑みたいです」と語ると、キャスト陣からは笑いが。橋本は「濁ってましたよね、皆さん」とぼやいた。

そして、細貝の番になると、久保田が「皆さん、細貝ですよー!」と盛り上げるが、佐々山光留役の細貝は「長い公演なので、途中でけがをしないように、最後まで駆け抜けたいと思います」と真面目に回答して追及を逃れた。

また、監修の虚淵氏について、久保田は「最終の通し稽古に来てくださって、『こんなに面白い本を書いた覚えはない』と言ってくださいました。身に余る光栄でした」とコメントした。

最後に、稽古場でのエピソードとして、「誕生日のキャストも多い中、誕生日じゃないお祝いが一つあった。古くからの友人のお祝いができて、うれしかったです」とニヤリ。新婚の細貝を祝福した。

舞台は11月10日まで、都内・品川プリンスホテル ステラボールで上演。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ