堀内敬子、天海祐希演じるサザエの親戚であり“ママ友”の波野タイコ役に決定!『磯野家の人々』

テレビドガッチ

2019/10/25 06:00

女優の堀内敬子が、11月24日(日)20時から放送される天海祐希主演のスペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)に出演することがわかった。堀内は、20年後の40代に突入した波野タイコを演じる。

本作は、アニメ『サザエさん』の放送50周年を記念し、磯野家の20年後を描くスペシャルドラマ。サザエ役の天海の他、マスオ役の西島秀俊、カツオ役の濱田岳、ワカメ役の松岡茉優、タラオ役の成田凌、フネ役の市毛良枝、波平役の伊武雅刀の出演が決定している。さらに、マスオの同僚である穴子を小手伸也、サザエとマスオの娘でタラオの妹のヒトデを桜田ひより、カツオの同級生だった花沢花子を森矢カンナが演じる。

今回、堀内が演じるタイコは、八嶋智人演じるノリスケの妻であり、稲葉友演じるイクラの母親だ。町でも評判の美人で、おしとやかな性格だが芯は強く、しっかり者。波平の甥で、サザエやカツオ、ワカメとはイトコ同士のノリスケが磯野家に迷惑をかけたときは、率先してフォローに回るなど、夫を陰から支えている。

サザエとは年齢が近いこともあって友達のように仲が良く、最近は、家事の合間をぬって近所のおしゃれなカフェで息抜きするのが習慣に。しかし、息抜きのつもりが、話題はいつも家族のことばかり。就活がうまくいっていないタラオを心配するサザエに、夢を叶えるために起業しようとしているイクラを誇りに思いつつも気にかけるタイコ。それぞれの悩みを相談した結果、サザエはタイコのアドバイスに従って、思い切った提案をタラオにしようとするが……。

堀内は本作への出演のオファーについて、「まず、えっ、凄くうれしいんですけど!! と喜びました。だって、だって、小さい頃から毎週見ていた、サザエさんの20年後のドラマなんて、絶対見たいですもの。そんな記念の作品の一コマになれることに、心から感謝です」と喜びを爆発。また、天海との初となる共演については、「タイコさんの20年後ー? と悩みもしましたが、サザエさん役の天海さんにお会いして、そんなことは、吹っ飛んで、自然とタイコさんを演じることができました」と手応えを感じていた。

また、ドラマの見どころを聞かれた堀内は、「家族の色々な問題、友人関係、会社での問題。どの問題においても結局は、人との絆、家族との絆が大切。そんなことを、ほっこりと見られるドラマなのではないでしょうか」と説明。最後は「皆さんがよくご存じのサザエさんの20年後! それだけで、もう興味ワクワクですよね。私も、オンエアを楽しみにしております」と締めくくった。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ