ROLAND、ホストの道を選んだのは「歌舞伎町が呼んでたんで」


“ホスト界の帝王”と称されるROLAND(ローランド)が、きょう25日に放送されるフジテレビ系バラエティ番組『ダウンタウンなう』(毎週金曜21:55~)に登場する。

18歳でホストデビューしたROLANDは、お酒を一切飲まず接客するなど、ホスト界の常識を覆してきた。強気な接客で、1日に1人で6,000万円以上を売り上げ、歌舞伎町で伝説になるほど。ROLAND流のかっこよすぎる名言が女性に大ウケし、その名言を集めた著書は発行部数15万部を超える大ヒットとなった。今回はそんな彼が、普段は飲まないお酒を飲みながら、ホストになるまでの苦悩やベールに包まれた家族の話題を語る。

帝京高校のサッカー部出身のROLANDは、かつてプロのサッカー選手を目指していたが、プロの道には進めなかったためホストになることを選んだという。夏菜に「なんでホストだったんですか?」と問われると、「歌舞伎町が呼んでたんで」と回答。その後も、「俺にやってもらうためにホスト業界が生まれたんだよ」や「女性は落とすんじゃなくお前が上がって来いよってスタンス」など、ROLAND節がさく裂する。

一行は、彼の名言を集めた著書を片手に、その名言についての解説を求める。また、お酒が回ってきたところで、ROLANDをよく知る後輩ホストからのクレームを発表。旅行の際に、後輩がROLANDを起こしに行くと、寝起きが悪い彼はなかなか目覚めず、そこで後輩に放ったROLANDの一言に一同爆笑となり、浜田雅功も「何を言うてんねん」と思わずツッコミを入れてタジタジにさせる。

さらに、話題はベールに包まれた家族の話に。音楽家の父に厳しく育てられたというROLANDだが、実は家族の中でもっともかなわない相手は、彼が溺愛している双子の妹なのだとか。そのことについて、同じく後輩ホストに暴露されると、「妹が就活で悩んでいることを母親経由で知り、社会人の先輩として長文のメッセージでアドバイスをしたものの、返ってきたのは“了解”というスタンプだけだった」と語り、笑いを誘う。

また、妹に彼氏ができた際にROLANDがとったある行動が原因で、疎遠になったというエピソードを披露し、一同は大爆笑。普段の彼のイメージとはかけ離れたその行動とは…。

今夜の放送では、『キングオブコント2019』チャンピオンのお笑いコンビ・どぶろっくも登場。超ネガティブ人間であることが明かされる。

(C)フジテレビ

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ