中居正広、ラグビー選手のタックルを受ける劇団ひとりに爆笑

※画像は、『中居正広のニュースな会』公式Twitter より

 

10月19日放送の『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)では、ラグビー日本代表が史上初めてW杯ベスト8に進出したニュースを取り上げ、番組では初心者でも分かりやすいようにルールを解説したりタックルなどの実践が行われ、中居も大爆笑する場面があった。

 

中居、劇団ひとりにツッコミ「全然伝わらない」

 

スタジオでは最初に、ラグビーW杯で日本中のファンが熱狂している姿が放送されるも、同時にルールが分かりにくいという指摘に中居も納得顔。ゲストの夏菜が「前々回W杯から見てます。だがしかし、ルールが分からない。何であそこで肩車してるか、スクラムしててボールがそこにあるのになぜ取っちゃいけないのか、そういうのが分かりませんね」と一般人目線で語り、中居も「1回見ただけじゃ分かりませんからね。ちょっと複雑なルールが中々分からない部分もあるかもしれません」とまとめ、ラグビーの基本ルールが解説されていった。

 

そんな中スタジオでは、現役ラグビー部の大学生がタックルを実践することになり「日頃の生活でこんなこと(タックルを受けること)が無いですから、どれくらいの衝撃なのか分かりませんからね」と興味津々の中居。そして一通りタックルの様子を見終わった中居は「これやっぱり、経験ないとアレ(むやみにタックルを受けても危ない)ですから、ちょっと劇団さん、ねぇ」と、なぜかゲストの劇団ひとりにタックルをうけてみてほしいとふる。

 

ひとりは戸惑いの表情を見せながらも「僕ですか?僕しかいない……でしょうね」と周りのゲスト陣を見回しタックルを受けることを了承。頭にミニカメラをつけて臨むも、タックルを受けた瞬間カメラがずれて髪の毛が逆立ち、スタジオには大爆笑が起こった。

 

お笑い芸人にとっては美味しいシチュエーションとなったものの、タックルの衝撃を伝えるという本題からズレてしまい、中居は腹を抱えて大笑い。そして「ちゃんとやれよ!全然衝撃が分からない」とツッコんでいた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ