体を張っているアナウンサー 若年層ほど好感を持つ傾向も

しらべぇ

2019/10/23 09:20

(Milatas/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
今年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)では、チャリティーランナーの1人に日本テレビの水卜麻美アナウンサーが抜擢された。

アナウンサーのタレント化が進む昨今だが、テレビ局の会社員扱いでもあるアナウンサーが、体を張った仕事をしていることを、世間の人はどう感じているのだろうか。

■4割が好感を持つ


しらべぇ編集部が、全国10代~60代の男女1,653名を対象に調査したところ、全体の38.6%が「体を張るアナウンサーに好感を持つ」と回答した。



男性39.6%、女性37.7%と、男性の割合がやや高いものの男女間で大きな差は見られなかった。


関連記事:アナウンサーは憧れの的? 年収が上がるほど人気も上がる傾向も

■世代によって認識に差


また、この調査結果を男女年代別に見ていくと…



もっとも割合が高かったのは10代で、男性55.6%、女性53.2%であった。男女ともに若年層の割合が高く、年代があがるにつれて割合も低くなっていくのが特徴的だ。

アナウンサーのタレント化は近年急速に進んでいる。若年層に比べ高齢層は、アナウンサーはニュースを読むのが仕事だと認識している人が多いのだろうか。

■地域によって違いも…


さらに、この結果を地域別に見ていくと…



もっとも体を張るアナウンサーに好感を持っているのは、甲信越の人で50.8%。東北地方が49.4%で続く。対して、もっとも割合が低かったのは首都圏で30.1%であった。

地方局はご当地の話題を特集することも多く、アナウンサーと視聴者との距離も近くなる。首都圏以外の場所では、体を張って頑張っているアナウンサーを見て、応援する人の割合も高くなるのかもしれない。

・合わせて読みたい→ライフスタイルによって変化? 50代男性は庭付きの家に憧れる傾向も

(文/しらべぇ編集部・赤坂

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1653名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ