河崎実監督最新作『ロバマン』完成披露イベント開催、主演の吉田照美が68歳のヒーローに変身


●『ロバマン』イベントであの名セリフも
"バカ映画の巨匠"河崎実監督の最新映画『ロバマン』の完成披露上映イベントが10月6日、渋谷ユーロスペースで開催され、舞台挨拶に河崎監督と、主演の吉田照美ほか主要キャストが登壇し、前代未聞の"高齢スーパーヒーロー"が活躍する本作のお楽しみどころを語りあった。

『ロバマン』とは、ラジオパーソナリティー、テレビ司会者など多方面で活躍するフリーアナウンサー・吉田照美が68歳を迎えるのを記念して作られた映画作品である。「ロバ」のニックネームで有名な吉田だけに「ロバ=68」ということで、正義のヒーローを描いた本作のキャラクターデザイン(加藤礼次朗)では、胸の部分に「68」の数字があしらわれている。

吉田にとってメモリアルな「68(ロバ)」イヤーである2019年、かねてから吉田と親交が深い河崎実監督が、吉田を主演にしたヒーロー映画の企画を打ち立てた。かつて『ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発』(2008年)『アウターマン』(2015年)『大怪獣モノ』(2016年)で巨大怪獣・ヒーロージャンルの濃密なパロディ映画を手がけた河崎監督が、こんどは「等身大ヒーロー」をモチーフにして、痛烈な"社会風刺"をも織り交ぜた新時代のヒーロー映画を生み出している。

定年を過ぎ、毎日これといってやることのない平凡な男・吉村公三。彼の唯一の楽しみは、街で見かけた態度の悪い者たちのことをハガキに書き、ラジオ番組に投稿すること。現実では他人に注意などできない小心者の吉村は、ラジオネーム「ロバマン」として投稿が読み上げられるときだけ、ヒーローの気持ちになるのであった。

そんなある日、吉村は空に浮かぶ謎の飛行物体に吸い込まれてしまう。中ではロバそっくりの宇宙人ロバート星人が、吉村を仲間だと勘違いし「迎えに来た」と呼びかけた。とんでもないと断る吉村を見たロバート星人は「そんなに地球人が好きになったのか」と勝手に納得し、彼に腕輪型の「蘇生装置」を与えてリフレッシュをうながした。その日から吉村は、この世にはびこる「悪の波動」を大きな耳でキャッチし、鉄拳制裁を加える「ロバマン」のスーパーパワーを得て、自らの信じる正義のために奔走することになった。

歩きスマホに夢中な男子学生、タバコのポイ捨てをする男、人気ラーメン店の行列に横入りする男から、アポ電詐欺の実行犯、パワハラ上司、セクハラ上司、国民の苦しみを無視して遊興にふける腐敗政治家まで、事の大小にかかわらずロバマンは各地に駆け付け、彼が「悪」と認めた者たちを全力で殴り倒していく。そんなロバマンの行いについて、正義のヒーローだと称える者、単なる暴力だと批判する者と、世間の評判は真っ二つに割れた。しかしロバマンは気づいていなかった。この世を覆い尽くすほど巨大な悪の波動を生み出している邪悪な敵「オールナイト星人(演:笑福亭鶴光)」の暗躍を……。

本作のメガホンを取った"バカ映画の巨匠"として世界的にもファンが多い河崎実監督は「この映画、暴力シーンが多いですからね! タランティーノ作品より多い!」と、ロバマンが悪人をとにかく殴りまくるバイオレンスアクションが見どころだと語って笑いを取った。

今回の『ロバマン』はもともと30分の短編作品の予定だったが、吉田照美の年齢「68歳」にちなんで約68分へバージョンアップするべく、クラウドファンディングが行われた経緯がある。河崎監督はこれについて「ふつうの映画監督は、尺を短くするためにいろいろ考えているんだけど、僕は"長くする"のに苦労したんだよ!」と笑顔で語った。

映画の内容について河崎監督は「今の世の中、悪が蔓延していてヒーローがなかなか現れない。世間は真っ暗です。そこで照美さんがヒーローに変身して悪をぶっ飛ばす! という、社会派メッセージを込めた痛快ヒーロー作品を作りました!」と説明。ロバマンのデザインからうかがえるように、河崎監督が"憧れのヒーロー"と称える『8マン』をベースに、鉄腕アトム、鉄人28号、スーパージャイアンツ、海底人8823(ハヤブサ)といったスーパーヒーローの要素をぶちこみつつ、68歳の吉田ならではのペーソスをたたえたヒーロー映画が出来たと胸を張った。

主演のロバマン=吉村公三を演じる吉田照美は、70~80年代に文化放送ラジオ『セイ!ヤング』『てるてるワイド』で若者層から支持され、テレビでは『夕やけニャンニャン』(フジ)『ぴったしカン・カン』(TBS)などで司会を務めてお茶の間の人気者に。現在もラジオ番組のレギュラーをはじめ、多彩な番組で活躍している。

今回の完成披露上映会には、ラジオ番組のリスナーとして吉田を応援し続けている熱心なファンが大勢かけつけているという。吉田はファンに向け「クチコミでどんどんこの映画『ロバマン』を盛り上げてほしい。Twitterでどんどんつぶやいてください! 今日の帰りにも道すがらロバマン面白かった!と叫び続けてください」と、これからの応援次第では全国劇場での公開も夢ではない!と興奮気味に応援を呼びかけた。

人間社会を邪悪な感情で覆い尽くし、悪のエネルギーを求める最大の敵「オールナイト星人」を演じるのは、70~80年代のニッポン放送ラジオ『オールナイトニッポン』(土曜)やMBSラジオ『ヤングタウン』(木曜日)で若者たちに絶大な人気を誇ったほか、現在も円熟の活躍を多方面で繰り広げる上方落語家・笑福亭鶴光。

鶴光は「僕は最初、女子社員のお尻を触るセクハラ上司の役だったけど、いつの間にか悪役に」と、師匠の絶対的存在感と、冴えわたるエロトークの凄みゆえか"巨悪"という重要なキャラクターにチェンジしていたことを明かした。河崎監督は鶴光の悪役演技について「師匠の演技がよかった。まるでクリストファー・リーみたいだった。目がずっと充血しているところとか」と、往年の怪奇映画俳優の名を出して鶴光の"怪演"を絶賛した。

文化放送のラジオ番組「吉田照美ソコダイジナトコ」で吉田のアシスタントを務め、現在はTBSテレビ『サンデーモーニング』で知的な魅力をふりまいている唐橋ユミは、今回の映画ではなんと、鶴光演じる「オールナイト星人」の秘書として、日本各地にうごめく"悪"の動きを操作する役柄で出演。

映画の設定として"オールナイト星人は日常の挨拶と同じくらい気軽な感じで、女性に乳頭の色を尋ねる"というものがあるが、河崎監督からは「いやあ鶴光師匠と言えば『乳頭の色は?』というセリフでしょう! でも唐橋さんの事務所はお堅いところですから『乳頭大丈夫ですか?』と確認しました!!」と、唐橋に失礼のないよう事前に事務所確認を行ったことが明かされた。

映画には吉田とラジオ番組『親父熱愛』で共演中の大ベテラン俳優・伊東四朗も出演しているが、唐橋は伊東から「あなたは、こういう仕事もするんですね」と、コメディ映画へのチャレンジにたいそう感心されたことを打ち明けて爆笑を誘った。

ロバマンが出没する北川町を取材しに来たテレビレポーターとして、本人役で出演している中村愛もまた、bayfmのラジオ番組『TERUMI de SUNDAY!』で吉田のアシスタントを務めていた。中村は本作の撮影について「柴又の駅(ロケ地)に着いて、ものの3分くらいで『じゃっ、撮るよ!』と言われてビックリしました」と、河崎監督の驚異的な"早撮り"テクニックに驚きを表していた。

また中村は「唐橋さんが羨ましかった! 私も鶴光師匠に"聞かれたい"です」と、舞台上で"乳頭の色は?"のリクエストを鶴光に行い、客席を盛り上げた。すかさず鶴光が「聞きながらこのへん(客席)回りまひょか」と大サービス発言をしつつ、独特の言い回しで「乳頭の色は?」を披露すると、中村が「初めて聞かれました!」と感激しながらコメント。すると吉田と河崎監督から同時に「当たり前だよ! 普通は聞かれないよ!」と鋭いツッコミが入った。

映画では、吉田の演じるロバマンが『8マン』よろしく北川町を全力で疾走するシーンが大きな見どころとなっている。河崎監督によると「撮影の日は雨が降っていてね、照美さんが滑ってコケないか心配でした。この映画は低予算だから、照美さんがコケると……」と言おうとした瞬間、鶴光が「照美さんコケたら、この映画もコケまんがな」と絶妙な合いの手が入り、客席を沸かせた。劇中でのロバマンの"走り方"が非常に個性的なのだが、吉田は「68歳で、あんなコスチューム着せられて、まともに走れる奴がいたら出てこいよ!」と、動きにくいヒーローコスチュームでのアクションに苦労させられたことを明かした。

映画『ロバマン』出演者は小池美波(欅坂46)、熊谷真実、伊東四朗(特別出演)、HEY!たくちゃん、なべやかん、タブレット純、福本ヒデ・山本天心(ザ・ニュースペーパー)、川島ノリコ、水谷加奈、国本鐘建、みうらじゅん、月光仮面(友情出演)、秀島史香(ナレーター)ほか。主題歌「ロバマンのうた」エンディングテーマ「明日へのバラード」(作詞:湯川れい子/作曲:伊秩弘将/編曲:佐久間誠/歌:吉田照美)は11月にCDが発売される予定。

(C)グッドフィールドコーポレーション・リバートップ2019

●吉田照美ミニインタビュー
――映画『ロバマン』拝見しましたが、バカバカしいまでのギャグとパロディがある中で、すこしホロリとさせるハートウォーミングな要素も盛り込まれ、とても後口の良い映画だと思いました。

それはもう、河崎監督の狙いがちゃんとあったからだと思います。68歳のおじさんが、今まで出せなかった勇気をちょっとだけ出したら、人生が少し変わったという……素敵なストーリーになっているんですよね。

――吉村がロバマンの力を手に入れてからは本当にハチャメチャで、身近な人々の悪意から社会的巨悪まで一緒くたにしてロバマンがとにかく殴りまくるという展開が笑いを呼びました。その一方で、Twitterを思わせるWEBコミュニティでロバマン賛美とロバマン全否定の意見が分かれて論争が起きるなど、現代における情報社会を風刺するような場面もあって、笑いつつも考えさせられるところがあります。

あれはやりすぎなんじゃないの、とか非難を浴びたりして、「正義」の難しさというものをロバマンも感じたんじゃないですかね。悪はとにかく許さない! と言ってボコボコに殴るロバマンもいれば、川内康範先生の『月光仮面』は「憎まず、殺さず、赦しましょう」という博愛の精神だったり、やなせたかし先生の『アンパンマン』では自分の顔を空腹の子どもに差し出す自己犠牲の精神があるでしょう。正義というのは、簡単にはいかない、一筋縄じゃないんだよというのを、河崎監督が作品で示しているんです。

――月光仮面は『ロバマン』本編中にも登場してロバマンを元気づけますが、決して自身の「正義」観をロバマンに押し付けようとはしないんですね。

なかなか渋い登場の仕方をしますよね。月光仮面。子どものころテレビのヒーローを観ていると、悪人にイライラして「殺してしまえばいいじゃないか。どうせドラマなんだし」と思っていたんですけど、川内康範先生の考えはそうじゃなかったんですね。

――お昼にテレビのワイドショーを観るのが楽しみという、吉村の妻を演じられた熊谷真実さんの印象はいかがでしたか。

あのような大女優さんと、この齢になって夫婦役ができるとは、非常にラッキーだと思いましたね。熊谷さんはやっぱりお上手ですから、家庭のシーンでは画面が引き締まりました。

――照美さんがロバマンのヘルメットを着けたとき、どんな風に思いましたか。

(加藤)礼次朗さんがデザインしてくださったこのマスク、できたものを被ったんですけど、本来ならちゃんと収まるところが、僕の顔が長すぎてアゴが出ちゃってるという。でも、ワザとそうしたかったんじゃないかって勘ぐってるんですけどね。まあ、サイズが合わなかったってことでああなりました。今は顔の小さい俳優さんがたくさんいらっしゃいますけど、昭和のスターさんは顔が大きい人が多いですから。そういう意味では、昭和に回帰したヒーローってことで、いいと思います(笑)。

――本編中では『8マン』よろしく軽やかに疾走されていましたが、走るシーンが多くてたいへんそうでしたね。

僕は運動神経に自信がないですからね……。しかも動きにくい衣装を着ると、よけいに走りにくくて苦労しました。走ってるというより競歩みたいな感じですよね(笑)。

――劇中でラジオ番組をやっている「吉田照美」の役を、実際に照美さんのモノマネをされている芸人のHEY!たくちゃんが演じていらっしゃるのが面白いですね。

ちょっとこんがらがるみたいな面白さがありますね。HEY!たくちゃんが僕のマネをしてウケてるって聞いて嬉しかったです。でも声だけ聴いていると変な感じですよ。僕自身「この声は俺なのか、モノマネなのか」と混乱するときがあります(笑)。

――劇中、ロバマンを取材する番組レポーターとしてなべやかんさんが登場し、文化放送『やる気MANMAN!』の話題を含むかけあいを延々繰り広げるシーンがありますね。

あそこだけ、ストーリーからどんどん逸脱していくんですよね。あのくだりはすごく長いですけど、終盤に鶴光さんと僕が10分以上会話しているシーンも撮ったんですよ。でもそっちはカットされてしまって、鶴光さん「せっかく喋ったのに」って嘆いていましたね。

――ロバマンの強敵として現れた、鶴光師匠が扮するオールナイト星人についてはどんな印象を持たれましたか。

鶴光さんは大先輩ですし、僕もリスナーとしてよく聴いていました。鶴光さんの下ネタの「技」というのはちょっと越えられないですし、あの路線を極めた凄みがありますね。他の人が鶴光さんの真似をして下ネタトークをしたら、聴いていられない感じになると思います。

――基本はコミカルなギャグ、パロディ風味の強い『ロバマン』ですが、そんな中に社会風刺の精神があるというのが大きな魅力ですね。

現代社会や政治に対する風刺を入れ込み、笑いにするというのをうまくやっていますよね。マジメな、いわゆるふつうの映画では行けないところまで、河崎監督は行けたと思いますよ。大勢の人に『ロバマン』を楽しんでほしいですので、ご覧になった方は口コミでたくさんの方たちに宣伝してください!

●笑福亭鶴光ミニインタビュー
――鶴光師匠といえば『トラック野郎』シリーズなど数々の映画作品に出演されて人気を博しましたが、ヒーローに敵対する「悪」しかも「宇宙人」というのは珍しい役ですね。

興味本位でやらせていただきました(笑)。今回はセリフも長いし、緊張しましたね。

――オールナイト星人のボディアクションの派手さはさすが鶴光師匠という感じで、往年の身体のキレは健在というところですね。

ロバマンの照美さんがものすごく"走る"じゃないですか。主役があそこまでやるのなら、僕もやらなあかんと思って、出来るだけオーバーアクションで演技をやらせてもらいました。

――また、鶴光師匠ならではの"エロ"芸といいますか、深夜ラジオのノリで唐橋ユミさんとかけあいをされたりしていたのには感動させられました。

唐橋ユミちゃんに"あんなこと"させたのは僕だけじゃないですかね。夢のような場面でした(笑)。

――鶴光師匠の人気フレーズ「わんばんこ」も飛び出しましたが、あの「わんばんこ」はそもそもどうやって生まれたのでしょうか。

よくギョーカイ用語といって「コーヒー」を「ヒーコー」とひっくり返したりしてたんですよ。それをヒントにして「こんにちは」をひっくり返したのが「わんばんこ」。あと「こんにちは」をひっくり返して「わちにんこ」というのも作ったんですけど、こっちは流行りませんでしたな(笑)。

――完成した映画をご覧になってどう思われましたか?

撮影はグリーンバックの前でやっていたので、合成で背景がはめ込まれたり、手から光線が出たりしてびっくりしましたね。ドンキホーテで買ってきたカツラを被って演じましたけど、もっとロバマンみたいなコスチュームでもよかったかもしれません。河崎監督の作品にはまた出てみたいですね。オールナイト星人でもええですし、別な役でも(笑)。

――照美さんも鶴光師匠も「ラジオ」メディアで若者の心をつかまれましたが、テレビやWEBサイトと違うラジオの魅力とは、どんなものだと思われますか。

ラジオで伝えられるのは「言葉」だけですから、聴いている人が「この人は冷たい人なのか、あったかい人なのか」がすぐにわかるんです。テレビでタレントが何かを言うのと違って、ラジオだと聴いている人と一対一の関係になり「鶴光が俺に向かって喋っている」と思ってくれるんです。ラジオファンが僕に抱いてくれる「親近感」というのはすごいもんだと思いますよ。今回の『ロバマン』も、照美さんのファンの方、僕のファンの方、河崎監督のファンの方がみんなして、映画を観ながら拍手したりツッコミ入れたりね。とても親しまれる映画になっているんじゃないかと思います。

●河崎実監督ミニインタビュー
――吉田照美さん主演という「企画モノ」の作品だと軽く考えていたら、いい意味で予想を裏切られる見事な「特撮ヒーロー」作品に仕上がりましたね。そして冒頭に「ロバマン、ロバマン! ロバマンとはいかなるヒーローなのか」というナレーションが入るなど、往年の特撮ヒーロー作品のパロディも存分に織り込まれていて、わかる人に向けたパロディもふんだんに盛り込まれていて、とても愛すべき作品です。

冒頭のナレーションは『豹(ひょう)マン』だよね。脚本は俺と木川明彦が共同で書いていて、いろんな特撮番組のネタを入れ込んでいるよ。

――そもそも照美さんの役名「吉村公三」は『ウルトラマンA』のやや地味なTAC隊員から来ていると思いますし、ロバマンが出没する「北川町」は『ウルトラセブン』の第8話「狙われた街」の舞台となった場所の名前ですね。

そう。ロバマンが耳からキーンと"悪の波動"を感じ取るのも『帰ってきたウルトラマン』の郷秀樹をイメージしているんだ。

――河崎監督はアマチュア映像作家時代から『8マン』の映像化を夢見ていて、8ミリ映画『エスパレイザー』を製作したりしていましたが、今回のロバマンの外見には監督が愛する『8マン』要素がかなり入っていますね。

ずっと『8マン』を作りたいと思っていたからね。ヘルメットを造型したら照美さんの頭に入りきらず、顔が長くなってしまったのは偶然なんだけど、照美さんのキャラに合ってると思った。ジャイアント馬場がグレートゼブラのマスクを被ってもすぐ正体がバレちゃうみたいな。俺は『8マン』の漫画を描かれた桑田二郎(桑田次郎)先生のファンで、何度もご自宅に行って話したことがあるんだけど、先生が「僕は月光仮面や8マン、黄色い手袋Xやウルトラセブンと、ヒーロー漫画をたくさん描いてきたけどね、結局のところヒーローは "暴力"で悪を倒しているんだ。本当の正義とは何かね」とおっしゃっていたことがあった。桑田先生から投げかけられた問いかけを、この映画のテーマにしたんだ。非力な者がいきなり超人的な力を授かったら、どう使う? という部分は、藤子・F・不二雄先生の『ウルトラ・スーパー・デラックスマン』なども参考にしたね。

――自分の信じる正義に迷いを感じたロバマンに、往年のスーパーヒーロー「月光仮面」が現れ、励ますシーンもインパクトが強かったです。月光仮面の出演はどのようにして決まったのですか。

昨年(2018年)東京コミコンにブース参加したとき、宣弘社の方々と仲良くなってね。新しくコスチュームを作った月光仮面がカッコよかったんで、出てもらおうという話になったんだよ。

――照美さんの身体を張った熱演、そして鶴光師匠の"怪演"が最大の見どころではありますが、さらに伊東四朗さんが「タフマン」に扮して登場するのには驚かされました。

伊東さんは照美さんとラジオをやっているから、特別出演をお願いしたんだ。ポジション的には「ウルトラマンキング」をイメージして、ロバマンのピンチにさっそうと現れるんだよ。たいへんだったのは「タフマン」として出てもらうことでね。タフマンの許諾を取るために代理店と交渉したりして、苦労したよ。最初、タフマンは宇宙人なんじゃないかと想像して台本に書いたんだけど、ヤクルトから「タフマンは地底人です」と設定チェックが入って、セリフを書きなおしたという裏話がある。地底人とは思わなかった。テレスドンかよ! って(笑)。

――ロバマンが劇中で正義の怒りをぶつける"悪"はディフォルメこそされていますが、けっこうわれわれも日常で見かけるような、リアルな描写がありますね。

いくつか、実際にあった出来事を台本に入れているからね。セクハラ上司のどうしようもないセクハラ発言とか、食堂で注文の品が来ないからって怒鳴り散らす客とか。あと、太ってる子どもが同級生からいじめられるって場面があるんだけど、その子の前にロバマンが現れて「こんどいじめられたら、こう言ってやれ!」って勇気づけるでしょ。あれは俺が子どものころ「こういうことを言えたらいいな」と思ったことを、ロバマンの言葉に託したんだ。『タイガーマスク』の精神も入ってるよね。

吉村自身がロバマンになった事件を経て、少しだけ成長すると周囲の環境も変わっていったとか、ストーリーも上手くいっているんじゃないかな。とにかく、ヒーローに対する俺なりの思いをぶちこんだ映画になってます。

こんど11月4日に「浜松町ハーベストフェスタ(浜祭)」の一環として、文化放送のメディアプラスホールで『ロバマン』の浜祭特別上映会がありますので、みなさんぜひ観に来てください。ここでは照美さんがロバマンのコスチュームを着て、お客さんと直接"ふれあう"ことのできる「マザー牧場」システムをとっています。お楽しみに!

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ