意識をそらすのがポイント! 恋愛依存が改善したきっかけ




彼のことを考えると夜も眠れない……。常に彼と連絡を取り合っていないと落ち着かない……。こんな風に、付き合っている男性に依存してしまう女性は少なくありません。恋愛に一生懸命になることは悪いことではありませんが、度を超えた依存で一番つらい思いをするのは本人です。
女性たちのリアルな体験談から、恋愛依存を脱却するヒントをもらいましょう。

仕事が忙しく暇がなくなった



「転職してから恋愛のことで悩まなくなった。仕事で忙しくしていると、恋愛のことで思い悩む暇なんてない。前職では割と暇な時間が多くて、つい余計なことを考えてしまっていたんだと思う」(29歳/広告)

▽ 仕事中に恋愛のことばかり考えてしまうのは、集中できていないということです。よそ見をする暇もないくらい仕事に打ち込むことが、恋愛依存脱出のきっかけになるかもしれません。

自分磨きで自信が持てるように

「自分磨きにハマり、自信が持てるようになったのがきっかけ。今まではとにかく自信がなくて、恋人から見放されたら終わりだ! なんて思っていた。自己肯定感を高めることが、恋愛依存脱出のカギ」(27歳/金融)

▽ 恋愛依存の女性は、自分の価値を「彼氏のスペック」や「彼からどれくらい愛されているか」ではかる傾向があります。しっかりとした自分軸を持ち、彼氏がいてもいなくても自分を好きでいられるようになるといいですね。

体調を崩して…

「元彼の言動や行動に一喜一憂して、精神的にも身体的にも疲れ果ててしまった。体調を崩して仕事を休んだとき、『これじゃいけない』と思って別れることに。冷静になったせいか、今の彼氏とは穏やかに付き合えている」(26歳/メーカー勤務)

▽ 体調を崩したことがきっかけで、自分の恋愛依存の重症さに気づいたという女性も。周りから「依存はやめたほうがいいよ」と言われても響かない人は、自分で「なんとかしなくちゃ」と思えるまで突き進んでみるしかないのかも……。

ジムに通い始めた



「じっとしていると彼のことばかり考えてしまうので、体を動かそうと思いジムに入会。ランニングや筋トレをしているときは頭が真っ白になって気持ちいい。運動後もポジティブな気持ちになるのでおすすめ」(29歳/アパレル)

▽ 恋愛依存を改善するには、意図的に恋愛から意識をそらす必要があります。運動、趣味や仕事、友達とお出かけ、ペットとの触れ合い……と興味を分散させて、彼について深く考え込む時間を減らしましょう。

まとめ

女性たちの恋愛依存が改善したきっかけについてご紹介してきました。どの女性にも共通するのは、「恋愛依存を自覚し、自分で改善しようと行動した」ということです。
恋愛に夢中になっているときって、周りから何を言われても耳に入りませんよね。まずは現状を把握することからはじめ、恋愛依存脱却への第一歩を踏み出しましょう!

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ