4人の育児で常にパニック 20代母親が3歳息子にした恐ろしい虐待行為

しらべぇ

2019/10/21 06:15

(monzenmachi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
20代で4人の子を産み育て、お腹には5人目の子が…。その母親は法廷で、「こんな状態では、とても心優しい落ち着いた育児などできなかった」と話したという。

■20代で4人の子育て


米国ニュージャージー州のニューアークで昨年12月、パトリシア・ブチャンという20代後半の母親が3歳の息子に熱湯を浴びせかけて逮捕された。

幼児虐待致傷、子供の命を危険にさらした罪、育児の怠慢や放棄などの罪に問われているブチャン被告。その裁判が間もなく開かれるが、1歳から7歳までの4人の子を産み育てていた被告の暮らしは不潔かつ惨憺たるもので、パニックとヒステリーのなか、子供たちに対する虐待は日常化していたことがわかっている。


関連記事:孤独な子育てが原因? 20代母親の6割に「自分の子供が憎い」経験アリ

■お腹にはさらに1人の子が…


その日、床にオシッコを漏らしてバスルームに連れていかれ、服を脱がせられるとストーブで沸かしていた熱湯を浴びせかけられた3歳の息子。ひどい熱傷で病院での治療が必要となり、そこでこの母親の日常的な虐待行為が発覚した。

シングルマザーのブチャンが荒れ出したのは昨年7月のこと。5人目の子を妊娠し、精神的に強く動揺した時からだったと本人も自覚しているという。

■すべてがムチャクチャ


有罪答弁による司法取引が成立し、あとは12月6日の判決を待つばかりとなっているブチャン被告。最高5年の懲役刑が下るのではないかとみられている。

我が子をかわいがる精神的、経済的な余裕すらないなか続けざまに妊娠と出産を繰り返し、育児は基本すべてがネグレクト。すべてがムチャクチャだったというほかないようだ。

■育児疲れに苦悩するママたち


しらべぇ編集部が全国20~60代の子供がいる男女685名を対象に調査したところ、「育児に疲れて追い詰められたことがある」と回答した人は20~40代に目立ち、30代女性では過半数にも及んだ。



今回の被告も孤独かつ光の見えてこない育児に苦しんでおり、周囲も彼女の様子を心配していた。母親を失う彼女の幼い子供たちのこれからも非常に心配だ。

・合わせて読みたい→泥酔して寝込み生後4週のわが子を押し潰した20代母親 早々の出所で波紋

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日 
対象:全国20代~60代の子供がいる男女685名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ