ミュージカル『アニー』2020の主役&孤児役が決定/【THE MUSICAL LOVERS】ミュージカル『アニー』第33回

SPICE

2019/10/20 22:50

【THE MUSICAL LOVERS】Season 2ミュージカル『アニー』
【第33回】ミュージカル『アニー』2020の主役&孤児役が決定~新アニーは徳山しずく&川原菜摘

<お知らせ>
10月20日付で2020年丸美屋食品ミュージカル『アニー』のアニー役・孤児オーディションの結果を発表させていただきましたが、アニー役川原菜摘さんは事情により出演を見送ることとしました。つきましては次点として選考されていた荒井美虹(あらい・みく)さんが2020年のアニー役として出演することになりました。


荒井美虹
東京都出身
小学4年生 10歳

2020年の丸美屋食品ミュージカル 『アニー』 が2020年4月25日(土)~5月11日(月)に東京・新国立劇場中劇場で上演される(ほか、各地公演も8月~9月頭を予定)。日本での上演は2020年に35年目を迎えることになる。その子役(アニー役、孤児役)オーディションの最終合格者が、2019年10月20日(日)に麹町の日本テレビ番町スタジオで発表された。アニーに選ばれたのは、徳山しずく(10歳・小学校5年生)と川原菜摘(11歳・小学校5年生)だ。以下、合格発表の模様をレポートする。
(左から)新アニーの、徳山しずく・川原菜摘
(左から)新アニーの、徳山しずく・川原菜摘

1986年に日本テレビ主催により日本での上演がスタートした『アニー』は、66名のアニーが誕生している(うち2年連続で主演したアニー役が2名いる)。1986年の初演から2019年までの過去34年間、全国で約180万人もの観客に感動を与え続けてきたというから、まさに国民的ミュージカルと呼ぶにふさわしい。

35年目となる2020年公演は、2017年・2018年・2019年に引き続き、演出は山田和也、音楽監督は佐橋俊彦、振付・ステージングは広崎うらんが担当する。ミュージカルやストレートプレイとジャンルを超えて幅広く活躍する山田のテンポ良い演出に、佐橋と広崎の手腕が加わることで、よりいっそう魅力あふれる『アニー』となり、完売が続く人気公演となっている。2020年公演のオーディションおよび合格発表は、今年1月に竣工した日本テレビ番町スタジオにて行われた。10月20日の最終合格者発表に臨んだのは、4日にわたる歌、ダンス、演技、ワークショップ審査(身体表現、ダンス、歌を組み合わせたもの)の実技試験を勝ち抜いた約50名の子らとその家族。この中から、主役のアニー役2名(Wキャスト)、孤児役12名(Wキャスト)が決定する。なお、第一次の書類審査および課題曲「Tomorrow」歌唱動画試験を突破したのは433名であった。
オーディションの最終合格者発表会場
オーディションの最終合格者発表会場
昨年までの会場だったビルは取り壊されている
昨年までの会場だったビルは取り壊されている

合格者発表の定刻である夕方5時、緊張で物音ひとつしない会場へ入ってきたスタッフが「もう少しだからね!」と声をかけると、候補者がホッと笑顔を見せる。するとすぐに、山田和也ら審査員一行が到着した。

18年間という長きにわたる協賛企業である丸美屋食品工業株式会社 広報宣伝室 室長 兼 マーケティング部 部長 杉山典由は「この場にいる素晴らしきファイナリストたちの努力と稽古に敬意を表したい。それを支えるご家族の皆様、お疲れさまでした。夢が叶う人も届かない人も、ここまで努力したことは必ず役に立ちます。無限の可能性を信じて、これからも努力し続けてください」と、候補者のみならず家族へもエールをおくった。
丸美屋食品工業株式会社 広報宣伝室 室長 兼 マーケティング部 部長 杉山典由が挨拶
丸美屋食品工業株式会社 広報宣伝室 室長 兼 マーケティング部 部長 杉山典由が挨拶

続いて演出の山田が「今年も充実のオーディションでした。充実ということは1人1人の努力や頑張りがすごいから。差はほぼありません。役の年齢などといった約束事があるだけです」と講評を述べた。10月12日(土)と13日(日)の予定だった二次審査は、台風19号の影響で13日(日)と14日(月・祝)に変更されたため、「先週の台風で皆様ご苦労があった中、みんなの努力とご家族の支援で、充実のオーディションができました」と述べる。

「さて!」と明るい声で空気を変えた山田。候補者や家族の顔に、笑顔と緊張が走る中、いよいよ合格発表となった。まずは各孤児役に選ばれた少女たちの名が告げられる。
山田和也が合格者を読み上げる
山田和也が合格者を読み上げる

<合格者>※名前右横は受験番号

モリー役
山﨑 もも(ヤマサキ モモ)A5
矢山 花(ヤヤマ ハナ)B44
山﨑 もも(ヤマサキ モモ)A5
山﨑 もも(ヤマサキ モモ)A5
矢山 花(ヤヤマ ハナ)B44
矢山 花(ヤヤマ ハナ)B44

ケイト役
成瀬 綾菜(ナルセ リョウナ)B15
難波 夏未(ナンバ ナツミ)B17
成瀬 綾菜(ナルセ リョウナ)B15
成瀬 綾菜(ナルセ リョウナ)B15
難波 夏未(ナンバ ナツミ)B17
難波 夏未(ナンバ ナツミ)B17

テシー役
木内 彩音(キウチ アヤネ)C30
加藤 凪紗(カトウ ナギサ)C4
木内 彩音(キウチ アヤネ)C30
木内 彩音(キウチ アヤネ)C30
加藤 凪紗(カトウ ナギサ)C4
加藤 凪紗(カトウ ナギサ)C4

ペパー役
久野 純怜(クノ スミレ)E20
山岡 さくら(ヤマオカ サクラ)E12
久野 純怜(クノ スミレ)E20
久野 純怜(クノ スミレ)E20
山岡 さくら(ヤマオカ サクラ)E12
山岡 さくら(ヤマオカ サクラ)E12

ジュライ役
藪田 美怜(ヤブタ ミサト)G12
長曽我部 夢(チョウソカベ ユメ)G1
藪田 美怜(ヤブタ ミサト)G12
藪田 美怜(ヤブタ ミサト)G12
長曽我部 夢(チョウソカベ ユメ)G1
長曽我部 夢(チョウソカベ ユメ)G1

ダフィ役
大谷 紗蘭(オオタニ サラ)G16
宿口 詩乃(シュクグチ シノ)G22
大谷 紗蘭(オオタニ サラ)G16(中央、赤のTシャツ)
大谷 紗蘭(オオタニ サラ)G16(中央、赤のTシャツ)
宿口 詩乃(シュクグチ シノ)G22
宿口 詩乃(シュクグチ シノ)G22

そして、最後に2020年のアニー役2名が発表される。選ばれたのは、徳山しずく(10歳・小学校5年生)と川原菜摘(11歳・小学校5年生)だ!

アニー役
徳山 しずく(トクヤマ シズク)E48
川原 菜摘(カワハラ ナツミ) E1
徳山 しずく(トクヤマ シズク)E48
徳山 しずく(トクヤマ シズク)E48
川原 菜摘(カワハラ ナツミ) E1
川原 菜摘(カワハラ ナツミ) E1

なお、2020年『アニー』合格者たちは、『アニー クリスマスコンサート2019』(2019年12月21日・22日、詳細は下記公演情報欄)にてお披露目される。
喜びを隠せない新アニーら合格者たち
喜びを隠せない新アニーら合格者たち

続いて全員で「Tomorrow」を合唱。これは、オーディションの最後を飾る恒例行事だ。曲が終わると演出の山田が全員を見渡し、あたたかい拍手を贈っていた。
最後は全員で「トゥモロー」を合唱
最後は全員で「トゥモロー」を合唱




フォトセッションでは、孤児たちのポーズに報道陣からさまざまなリクエストが入る。演出の山田が「正直な反応をしていいよ!『がっかりだ!』『うんざりだ!』というポーズをして!」と報道陣に混じって声をかける。オフィシャルムービーの後ろでは、振付・ステージングの広崎が、孤児たちを笑わせようとオーバーアクションをすると、音楽監督の佐橋が「いろんなポーズをしないと~!」と場内を和ませる。広崎が、アニー達が暮らす孤児院の院長ハニガンのように「地獄はこれからだ~!」と明るく檄を飛ばした。そう、これで終わったわけではない。ここからが2020年『アニー』のスタートだ。
報道陣に混ざり新アニー&アニーズを撮影する演出の山田和也(毎年恒例)
報道陣に混ざり新アニー&アニーズを撮影する演出の山田和也(毎年恒例)

2019年アニー役の岡 菜々子と山﨑玲奈がお祝いに駆けつけ、花束とともにアニー役をバトンタッチした。
新アニー(徳山しずく、川原菜摘)に花束を渡す岡 菜々子(左端)、山﨑玲奈(右端)
新アニー(徳山しずく、川原菜摘)に花束を渡す岡 菜々子(左端)、山﨑玲奈(右端)

新アニー2人とのフォトセッションでは、山田は「おめでとう」とぺっこり一礼してから、「触るよ」とふんわり手を添えて撮影。


アニーは3回目の挑戦で、過去2回は書類審査で落ちたという徳山は、実技審査初挑戦でアニー役を射止めた。歌は小学校4年生から1年間レッスンをしているそうだ。「ミュージカルがとても好き。中でも『アニー』が一番好き」「アニーは希望をいっぱい持っていて、次々と人に希望を与える。私も希望を持ってアニー役をやれたら」と抱負を語った。得意なことは跳び箱とリレー、そして国語が大好きだそうだ。

アニーは3回目の挑戦で、1回目はBの組で落ち、昨年は二次審査で落ちたという川原は、小学校3年生の中頃から歌・演技・ダンスのレッスンを受けてきたという。「人前で何かやるのが好き。舞台で多くの人を笑顔にしたい」「アニーは明るくて、ウォーバックスさんを明るく元気にしていくのがいいな、と思っていて、アニーの性格が好きだった。ずっとアニー役を目指していたので、夢や希望を持った、すごく明るい可愛いアニーを演じたい」と声を弾ませた。得意なことは鉄棒、跳び箱、音楽だそうだ。

2019年のミュージカル『冒険者たち~この海の彼方へ~』で共演して、友だち同士だという新アニーの2人。川原は徳山のことを「すごく元気で、ザ・アニー」、徳山は川原を「いつも笑っていて、皆を笑顔にさせてくれる」と評し、お互いを「まさにアニーだ」と認め合っていた。それを後ろで「何?」「何?」と嬉しそうに聞いていた山田は、「これからが大変、今日くらいは楽しくいよう」と優しい笑顔を向けた。

【動画】『アニー』2020新アニー&山田和也、囲み会見より

丸美屋食品ミュージカル『アニー』は、新国立劇場 中劇場にて2020年4月25日(土)~5月11日(月)公演予定(東京公演ほか、各地公演も8月~9月頭を予定)。2020年は東京オリンピックも開催される記念すべき年だ。川原は「オリンピックがあるので海外の方も観に来てくれたらと思っています。そういう方にもわかりやすく伝えたい」、徳山は「日本語がわからないかもしれない方のために、演技で伝えたい」と頼もしい。35年目を迎える日本の『アニー』もきっと記念すべき公演になるだろう。大人キャストなどの詳細情報は、続報を待ちたい。
丸美屋食品工業株式会社 広報宣伝室 室長 兼 マーケティング部 部長 杉山典由と新アニー
丸美屋食品工業株式会社 広報宣伝室 室長 兼 マーケティング部 部長 杉山典由と新アニー

なお、ストーリーをダンスで彩るダンスキッズのオーディションは、現在小学校2年生~中学校3年生までの男女を対象に、2019年11月6日(水)必着で募集中だ。実技審査は11月23日(土・祝)・24日(日)の2日間。アニー役・孤児役オーディションに応募していても、最終合格者以外は併願可能(再度応募用紙郵送)。また、2020年のダンスキッズオーディションに合格し、公演に出演しても、翌年(2021年)のアニー・孤児役オーディションに応募することができる。
誇らしげで元気いっぱいな2020年の新アニーズ
誇らしげで元気いっぱいな2020年の新アニーズ

■新アニー役プロフィール


徳山 しずく(トクヤマ シズク)
・出身:東京都
・年齢:10歳(小学校5年生・2009年1月14日生まれ)
・主な過去出演作品:ミュージカル『冒険者たち~この海の彼方へ~』(2019年)月組 ジャンプ役、ミュージカル『ジョセフ』(2018年)STUDENT役


川原 菜摘(カワハラ ナツミ)
・出身:大阪府
・年齢:11歳(小学校5年生・2008年5月29日生まれ)
・主な過去出演作品:ミュージカル『冒険者たち~この海の彼方へ~』(2019年)月組 彩乃役、ミュージカル『ズボン船長』(2019年)ネネン/峯音役


取材・文=ヨコウチ会長
写真撮影=安藤光夫

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ