池田エライザも注目 倉悠貴が「本当にエロい」と話す先輩

ananweb

2019/10/20 20:30

もろくて危険な薫りさえする、10代の色気をまとった倉悠貴さん。いま大注目の新人俳優の、色気のルーツに迫ります。

カメラを向けると、それまでスタッフと戯れていた時の無邪気な笑顔から一変、陰のある大人びた表情になった倉悠貴さん。どこを見ても、どう座っても、不思議と色気が漂いとにかく絵になる。その誰ともかぶらない独特な雰囲気に、現場にいた誰もがのまれてしまった。撮影の感想を聞いてみると、戸惑いながらはにかんだ。

「写真を撮られるのは、そんなに得意じゃないんです。色気がテーマの取材と撮影だと聞いた時は、マジか、って思いました。だって子供っぽい部分も多いし、なんで僕が呼ばれたんだろう…って(笑)」

19歳の倉さん、“色気”についてどう考えているのだろうか。

「声、顔、体つきなどもともとその人が生まれもつ色気もあるだろうけど、それだけじゃなくて、人生経験や人と向き合うことでさらに得られるものなのかもしれません。そういう大人の色気とは逆に、10代特有の若い色気も存在すると思っていて。大人に対する苛立ちや人に言えないいろんな秘密が重なって、何をやらかすかわからないような危うくて儚い色気っていうか。ネガティブな要素かもしれないけど、それがある意味美しくて魅力的に映るのかな?」

インタビューを受けるのは、なんとこれが2回目だという倉さん。それもそのはず、今年の1月にドラマ『トレース~科捜研の男~』で、錦戸亮さん演じる真野礼二の兄・義一役で俳優デビューしたばかり。その後、メ~テレの連続ドラマ『his~恋するつもりなんてなかった~』で、主要キャストの日比野渚を演じるもまだまだ彼の情報は少なく、未知な部分が多い新人俳優だ。そうなれば、その色気のルーツがますます気になる。

「僕、自分自身のことをまだ知らなくて。最近映像に出させてもらうようになってやっと、ああ僕ってこうやって人に見えているんだって少しずつわかり始めているところです。地元は大阪なんですが、高校生の時は恋愛もしてこなかったし、部活もやってなかった。でもアメリカ村の古着屋でバイトを始めたら、地元や学校以外に大人の友達ができて、すごく刺激的でした。好きな洋服でならおしゃれになれんじゃね? って少しだけ自信になったりして。それでもまだいまは自分に全然自信がなくて、気づくと猫背になってる(笑)」

感度の高い人たちは早くも倉さんの色気を察知しているようで、女優の池田エライザさんが初監督を務める2020年夏公開予定の映画『夏、至るころ』では、池田さん自ら主演に倉さんを指名した。その理由について池田さんは“倉くんの陰と陽の狭間で漂うような立ち姿に、主人公の翔と同じ匂いを感じる”とコメントしている。

「陰と陽…そう、僕暗いんですよ、あはは(笑)。でもそれこそ、池田監督は色気のある人だと思う。それから、同じ事務所の先輩で可愛がってもらっている成田凌さんにも、佇まいに色気を感じますね。男から見ても成田さんは本当にエロい!(笑) あと、映画『誰も知らない』を観た時、まだ10代にもかかわらず難しい役を演じきった柳楽優弥さんにも強い色気を感じました。どちらかというと僕は、何を考えているかわからないような人に惹かれるのかも。すごくもろいフィルターみたいなものが1枚あって、その向こう側が知りたくなるような。男女問わず、声のトーンが低い人にも惹かれますね。聞いていると落ち着きます」

この12月で20歳になる倉さん。

「お酒とか、大人の世界がいろいろ解禁されるから楽しみ。でも逆に、何でも許される10代ではなくなってしまうのも怖いです」

くら・ゆうき 1999年12月19日生まれ、大阪府出身。ドラマ『his ~恋するつもりなんてなかった~』(名古屋テレビ)に出演。初主演映画『夏、至るころ』が2020年夏に公開予定。

ニットパーカ¥57,000(ギャルリーヴィー/トゥモローランド TEL:0120・983・522) パンツ¥22,000(ウル/スタジオ ファブワークTEL:03・6438・9575) その他はスタイリスト私物

※『anan』2019年10月23日号より。写真・佐藤航嗣(UM) スタイリスト・伊藤正吾(sitor) ヘア&メイク・NOBUKIYO 取材、文・若山あや

(by anan編集部)

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ