プジョー クロスオーバーMPV「リフター デビューエディション」を先行発売

オートプルーブ

2019/10/20 19:00

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年10月18日、プジョーの新コンセプトMPV「リフター」の特別仕様車「デビューエディション」を発表し、10月19日から予約注文の受注を開始した。なお、販売方法はオンライン予約で、希望色と希望ディーラーを選択して商談の予約権を取得し、ディーラーで契約するという方式だ。

■モデル概要ニューモデル「リフター」は、プジョー・ブランドの最新のコンセプトで、卓越したデザインを備え、ミニバン、SUV,ワゴンの魅力を融合させた革新的なマルチ・パーパス・ビークル(MPV)だ。多彩なシートアレンジ、両サイド・スライドドア、大容量のラゲッジスペースなどを備え、実用性、利便性も高いレベルにある。

リフターは最新のEMP2プラットフォームを採用し、エンジンは最新の1.5Lクリーンディーゼル、トランスミッションは8速ATを組み合わせて搭載。さらに先進安全技術をフル装備している。また悪路走行に対応するアドバンスド・グリップコントロールも装備している。

リフターは2018年2月のジュネーブ・モーターショーで発表されて以来、きわめて多くの問い合わせを受けていた。その期待に応えるべく、2020年秋に予定している正式導入に先立ち、特別仕様車「リフター・デビューエディション」を先行発売するに至った。「リフター・デビューエディション」のデリバリーは2020年1月以降に順次行なわれる。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});なお、今回先行発売される特別仕様車「デビューエディション」は、本来はオプション設定のマルチパノラミックルーフのほか、アドバンスドグリップコントロール、アクティブクルーズコントロールなどを標準装備している。

■デザインリフターはデザインでも、ミニバンとSUVとワゴンをクロスオーバーさせた比類のない個性的なスタイリングが特長だ。1878mmというたっぷりとした全高と手動式の両側スライドドアはミニバン的であり、高い地上高と16インチ・ホイール、樹脂製のホイールアーチや樹脂製のサイドプロテクター、バンパープロテクターはSUV的であり、長く伸びるルーフラインとユーティリティはワゴン的な要素を持っている。それらを巧みに融合させたところにこのリフターのデザインの真髄がある。

フロントエンドは、垂直なグリルの中央にライオンを配した新世代プジョーのグリル・デザインを採用。ヘッドライト中央を縦に走る一条のLEDデイタイムランニングライトを備えている。プロポーションは、短く、水平方向に寝かされたボンネット、高いショルダーライン、短いオーバーハングのバランスが絶妙だ。

高いルーフには車体の一部としてデザインされたルーフバーが配され、キャリア装着などユーザーの多様なニーズに応えてている。リヤは、プジョーシグネチャーであるライオンの爪痕をモチーフとした3条のLEDラインのテールライトを配した巨大なテールゲートが実用性とスタイリングを両立。そのテールゲートはガラス部分のみの開閉も可能で、利便性を向上させている。

インテリアは、プジョーのオリジナルである「i-コックピット」を備えている。またステアリングは上下部がフラットな形状のデザインを採用。インスツルメントパネル中央には8インチのタッチパネルを備えている。

■利便性ユーティリティも新型リフターの真骨頂となっている。リヤドアは両サイドともスライド式。リヤシートは6対4の分割可倒式で、長さ=奥行きは、5人乗り状態で1m、2人乗り状態で1.88m、助手席を倒せば最長2.7mの長尺を積載することができる。容量は、5名乗車時でトノカバー下面で597L、2列目シートを倒した最大積載状態では2126Lとなり、現行プジョーで最大容積をもつ5008の1862Lを大幅に上回まわる。(容量はVDA欧州参考値)

リヤゲートはガラス部分のみを個別で開閉することが可能なリヤオープニング・ガラスハッチとなっている。テールゲートを開けずにガラスハッチから簡単にアクセスできる。また、フレキシブル・ラゲッジトレイの高さをミドルポジションにすることで、ラゲッジスペースを上下に分割させることが可能だ。ガラスハッチとリヤゲートで荷物を完全にセパレートし使い分けることもできる。

var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || [];microadCompass.queue.push({"spot": "2855f6f1517a0e35089113339090f10c"});googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2ndright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274856377-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});

ルーフの大半をガラスとするプジョーならではの人気装備、パノラミックルーフに収納スペースを融合させマルチ・パノラミック・ルーフに進化している。フロントルーフに収納トレイを設け、さらに中央部にはBag in Roof(バッグインルーフ)として最大14Lまでのバッグが収納可能だ。マルチ・パノラミック・ルーフは電動サンシェード付き。

またルーフアーチ中央部には調整可能なムードライトが装備される。さらにリヤシート頭上後方には容量約60Lのリヤ・シーリングボックスを配置。後席およびリヤゲート側の両方からアクセス可能となっているなど、他車にはない収納を備えている。

フロント側も多彩な収納スペースが設置されている。インスツルメントパネル、センターコンソールなどのデッドスペースを極力なくしている。助手席側エアバッグをダッシュボードからルーフ上に移動させることで、ダッシュボード上下面にふた付きの大容量のグローブボックスを配置(11.8L)。また、マルチ・パノラミック・ルーフの前端部分にもフロント・ルーフトレイを装備している。

■先進安全装備アクティブクルーズコントロールは、前車追随型で、渋滞時の加減速にも対応している。30~180km/hで作動し、前車が停止した場合、停止まで対応できる。自動緊急ブレーキは、車両および歩行者を検知し、作動範囲は5~80km/h。車載カメラが車線を検知し、ウィンカー操作がない状態で車線からはみ出しそうになると、自動的にステアリングに反力を生じさせ、元の車線へと戻すレーンキープアイシストも装備する。

その他にブラインドスポットモニターシステム、インテリジェントハイビーム、道路標識認識、フロント、バックソナー/ワイドバックアイカメラ、ドライバーの居眠りやふらつきを警報するドライバーアテンションアラートも装備している。

インフォテイメントでは、「プジョー/ミラースクリーン」を装備し、Apple CarPlay、Android Autoに対応するスマートフォンと接続でき、ナビゲーションアプリ、マップアプリやオーディオアプリを直感的に使用できる。またワイヤレススマートフォン充電システムも装備している。

■【ボディサイズ】

■【価格】

オンライン予約WEBサイト

プジョー 関連記事プジョー・ジャポン 公式サイト

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ