最低な乳母 世話をしていた11歳男児の子を産み実刑判決

しらべぇ

2019/10/20 08:20

(SHansche/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
男児の世話を任されていた女が、なんと男児と深い関係に。ついには妊娠し子供を産み、性的暴行に該当する行為をしたとして実刑判決が下された。すっかり変わった男児の日常につきその母親が激白し、話題を集めている。

■11歳児と男女の仲に


今から5年前のこと、米フロリダ州の女(28)がある男児(当時11歳)の子守をしてほしいと依頼され引き受けた。

にもかかわらず、世話をやくついでに男児と性的な行為にふけるようになった女は、男児の子をみごもり出産。これにより、男児は小学生でありながらお父さんになった。


関連記事:「13歳の父」と騒がれた超早熟少年 その後の壮絶な転落人生が話題に

■元乳母に下された実刑判決


いきなり赤ちゃんのママになった女につき、男児の家族は「恋人の子を産んだのだろう」と思いこんでいたという。しかし男児に真相を打ち明けられ驚いた家族が通報し、DNA検査の結果たしかに男児がパパであると判明。

女は取り調べに応じ「年齢のわりに大人びてみえた」「あの子に襲われた」と釈明したものの、男児との電話での会話を警察に録音され、その内容から強姦説は嘘だとばれた。

その女の裁判がこのほど開かれ、裁判官は「男児に性的暴行を加えた」「懲役20年の実刑判決がふさわしい」と女に言い渡した。

■母の怒り


この判決を知った被害者の母親が地元メディアの取材に応じ、「息子はまだ11歳だったのに」と悔しさをにじませ、「あの女のことは、自分の娘のように思っていたのです」ともコメントした。

そんな女がいつの間にか小学生の息子に手をだしたために祖母になったという女性は、孫の世話もしながら忙しい日々を過ごしているという。

■若いパパの今


赤ちゃんの誕生から5年。幼かった男児は17歳になり、今は学校に通いながら家族の助けを借り、5歳の子の世話をする日々だという。

しかし普通の高校生としての暮らしは当然できず、恋人もできないままだ。「だって、5歳の子がいる17歳の男と付き合いたいと思う女の子なんていないでしょう?」と語る母親は、息子については素晴らしい父親だと絶賛。

だがあまりにも早いパパデビューで息子の人生が激変したと嘆き、「女がこんなことをするなんて思わないものです」「そんな思い込みのせいで、このような結果になりました」とも嘆いた。

なお女は裁判を待つあいだに別の男の子供も妊娠・出産し二児の母になったというが、長い服役が待っているため子供たちの成長は見られそうにない。

・合わせて読みたい→「息子が出かけたまま帰宅しない」 埼玉・小4男児の遺体が発見された場所に衝撃

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ