【インタビュー】ドラマ「少年寅次郎」井上真央「『お母ちゃん、大好きだよ』と涙をこぼす寅ちゃんがいとおしくなりました」

テレビファン

2019/10/19 12:00


 国民的映画シリーズ『男はつらいよ』の誕生から50年。生みの親の山田洋次監督が執筆した小説『悪童 小説寅次郎の告白』を原作に、主人公“寅さん”こと車寅次郎の少年時代がテレビドラマ化される。土曜ドラマ「少年寅次郎」(NHK総合で毎週土曜午後9時~全5話)は、昭和初期を舞台に寅さんの出生から思春期までを、笑いと涙でつづった下町らしい人情あふれる物語だ。10月19日の放送開始を前に、寅さんの育ての母・車光子を演じる井上真央が、撮影の舞台裏を語ってくれた。

-今までの映画版に登場しなかった光子の役作りはどのように?

聖母を思わせるさくらさん(寅さんの妹)のような優しさを持ちつつ、ちょっと駄目な夫をうまく操るチャキチャキとした下町のお母さんにできたら…と。実は、今回のお話を頂いた後、『男はつらいよ』を1作目から見直してみたんです。光子さんはさくらさんを生んだお母さんなので、さくらさんをほうふつとさせる母親にしたいと思って。でも、あまりにも倍賞(千恵子/映画版のさくら役)さんが素晴らしいので、見れば見るほどプレッシャーを感じて…(苦笑)。だから、そこは気持ちを切り替えようと。あとは、現場で寅ちゃん(藤原颯音)やさくらちゃんなど、子どもたちを前にしたときの感覚を大事にしながら演じました。

-原作者の山田洋次監督から、何かお言葉は?

直接お会いする機会はありませんでしたが、(映画版で寅さんを演じた)渥美清さんの自伝を読ませていただきました。その中に、渥美さんのご両親のことを書いた箇所があり、「参考にするといいよ」というお言葉が添えられていました。そこから、聖母のような雰囲気と強さを併せ持つ女性にしてほしいんだろうな…という思いが伝わってきました。

-幼少期の寅さんを演じる藤原颯音くんは、渥美さんをそのまま小さくしたような雰囲気です。初めて会ったときの印象は?

「この作品はうまくいくな…」と(笑)。ワクワクしました。きっと、みんな同じことを思ったのではないでしょうか。

-藤原くんとの共演で、印象に残っている場面は?

第1話、橋の上で初めて2人きりで話をするシーンが、とても印象に残っています。撮影のとき、通常のリハーサルの後、監督を交えた3人でさらにリハーサルをしたんです。寅ちゃんも大事なシーンだと思ったらしく、普段の無邪気な様子とは打って変わって、目を閉じて集中して…。おかげで一発OKでしたが、終わった後、タタタ…と近づいてきて、「お母ちゃん、大好きだよ」と言って涙をこぼしたんです。それを見たら、「なんて感受性が強い子なんだろう」と。うれしさと同時に、「こんな大きな役は初めてなのに、一生懸命考えているんだな」と知り、とてもいとおしい気持ちになったことを覚えています。

-光子の夫・平造役の毎熊克哉さんの印象は?

どんな平造さんになるのか、楽しみにしていました。非常に難しい役ですし、私と同じようにモデルになるキャラクターがいません。だから、自由にできる分、「これでいいのかな…?」と悩むこともあったはずです。でも、見事な駄目っぷりを披露してくださって…(笑)。ご一緒するのは初めてですが、大事なシーンでは「どう思う?」と話し合える信頼関係を築くこともできました。

-映画でもおなじみの柴又の団子屋「くるまや」が主な舞台ですが、家族を演じる共演者の方々の印象は?

毎熊さんもそうですが、泉澤(祐希/“おいちゃん”車竜造役)さんも岸井(ゆきの/“おばちゃん”車つね役)さんも、いろいろな現場を経験しているので、その場の空気になじむ力がすごい。皆さんが相手を緊張させず、気を使わせない空気をまとっているので、すぐに家族になることができました。初めてお会いする方の場合、相手のことを知らなければ…と思って、頑張って会話するのですが、今回はそんな必要もなくて。みんなでぼーっとちゃぶ台を囲んでいるときもあれば、にぎやかにおしゃべりをするときもあって、すごく居心地がよかったです。

-そういう雰囲気を作る上では、藤原くんの存在も大きかったと?

そうですね。寅ちゃんは、さっきまでゲラゲラ笑っていたと思ったら、たちまち機嫌が悪くなったり、泣くほど悲しい場面で笑いが止まらなくなったりするんです。でも、機嫌が悪くても、ニッコリ笑わなければいけないときもあるので、みんなで「寅!」と声を掛けて、なだめすかしながら…(笑)。そういう中から、自然に結束力が生まれていった部分もありますね。

-脚本を担当するのは、井上さんが主演した連続テレビ小説「おひさま」(11)の岡田惠和さんです。岡田脚本の印象は?

台本をもらったとき、「ああ、岡田さんの世界だ…」と(笑)。岡田さんはト書きが独特で、演じる役者さんに対する自分の思いを乗せたような書き方をされるんです。そこから「こういう母を演じてほしいんだな」、「こういうシーンにしてほしいんだな」と読み取っていくような感じで。信頼されている気がするので、託されたその思いに、できる限り私も応えていきたいと思いました。

-平凡な日常を魅力的に描くのも岡田さんの持ち味ですね。

そうですね。「おひさま」のときから、岡田さんの日常の描き方がすごく好きでした。特に、「おはよう」、「行ってらっしゃい」、「お帰り」といったあいさつがよく出てくるんです。そういうところで日常感を出そうとしているんだろうな…と。だから、私も演じる上ではそういうあいさつを大事にしました。

-ところで、初めて見た映画が『男はつらいよ』だそうですが、どんな思い出が?

小学生の頃、お正月になると祖母と母と私の女3人で映画館に行き、ご飯を食べて帰ってくるのが恒例でした。「新作ができた」と聞くと、すごく楽しみで…。映画館に行く楽しさを教えてくれたのは、寅さんだったな…と。祖父も寅さんが好きで、よく話をしていたので、私が「女優になりたい」と願い続けられたのも、その影響が大きいと思います。だから、50周年という節目にこういう役をやらせていただけることに縁を感じ、とても光栄です。もう亡くなりましたが、祖父母にも見てもらいたかったです。

(取材・文/井上健一)

当記事はテレビファンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ