鹿だけじゃない!ならまちの“おしゃれな”最新「カフェ・ランチ」5選【奈良】

じゃらんnews

2019/10/19 09:00


書架(言の葉)

かわいい鹿たちに出会えたり、寺社仏閣など見どころの多い奈良。旧市街の「ならまち」周辺には素敵なカフェやスイーツのお店がたくさんあり、街歩きが楽しめるのも魅力です。おすすめの5店舗を編集部・那須がピックアップしました!

記事配信:じゃらんニュース
書架(言の葉)
鹿や大仏モチーフのかわいいドリンクが楽しめる
書架(言の葉)(右)煎茶デコレーションラテ(左)ほうじ茶デコレーションラテ 各972円
奈良時代に編纂された3つの書物をイメージした飲食店『書架』内にある、「言の葉(ことのは)」は大和茶やお茶を使ったラテなどを提供するティースタンド。

鹿や大仏のクッキーがトッピングされたデコレーションラテやパフェソフトが人気です。一部のドリンクにはかわいいオリジナルおみくじが付いてくるのもうれしい!
書架(言の葉)どこか懐かしい古民家を使用した店舗
「言の葉」は万葉集をテーマにしていて、昔から縁起の良い長寿の象徴であり、多くの歌に詠まれた「鶴」がロゴマークになっています。テイクアウトのお店ですが、『書架』の敷地内のお庭や縁側に座って食べてもOK。

『書架』にはほかにも、風土記をテーマにした、彩り豊かな手巻き寿司を味わえる「花の月(かのつき)」や、古事記をテーマにした利き酒とおでんのスタンドBAR「天の戸(あまのと)」もあるので、あわせて立ち寄ってみて♪
■書架(言の葉)
[TEL]0742-25-2301
[住所]奈良市春日野町16 夢風ひろば内
[営業時間]10時~18時(季節により営業時間は異なる)
[定休日]不定
[アクセス]近鉄 奈良駅より車で5分、JR 奈良駅より車で8分、奈良交通バス 東大寺大仏殿・春日大社前下車徒歩5分
「書架(言の葉)」の詳細はこちら
pamba pipi(パンバピピ)
ふわもこでかわいい、カラフル綿あめ
pamba pipi(パンバピピ)綿あめ 600円
綿あめ専門店「pamba pipi(パンバピピ)」は、思わず写真に撮りたくなる大きな綿あめで話題のお店。棒つきの綿あめはなんと顔よりも大きいサイズなんです!

ならまちの砂糖問屋・増尾商店が扱う鬼ざらめで作る綿あめは、すっきりとした甘さで口どけがいいのが特徴。フリーズドライパウダーで味付けしたフレーバーは25種以上あり、大和抹茶、大和ほうじ茶、梅酒など奈良らしいものも揃っています。
pamba pipi(パンバピピ)テイクアウト用の袋入り 400円
おみやげにもぴったりな袋入りは、10種類ほどのフレーバーがラインナップ。このほか、綿あめをドリンクにのせた「WATAドリンク(500円)」もインパクト大ですよ!
■pamba pipi(パンバピピ)
[TEL]0742-26-1778
[住所]奈良市東向南町15
[営業時間]11時~17時
[定休日]不定
[アクセス]近鉄 奈良駅より徒歩3分
「pamba pipi(パンバピピ)」の詳細はこちら
大和茶大福専門店 GRANCHA
食べ比べて楽しみたい大和茶の大福
大和茶大福専門店 GRANCHA大福 各種270円 詰め合わせ(3個入り)918円(6個入り)1728円
1200年以上の歴史をもつ大和茶をもっと世界に広めたい、という思いからオープンした「大和茶大福専門店 GRANCHA」。看板商品の「口・福・餅(こうふくもち)」は、店内の工房で丁寧に作られた大福のなかに、無添加で良質な大和茶とあんこ、生クリームがたっぷり。

ほんのりお茶が薫る1番「薄衣」から、苦みをしっかり楽しめる5番「夏盛」まで、濃さの違う5種類がラインナップしているので、食べ比べがおすすめです。
大和茶大福専門店 GRANCHA串大福 486円
「串大福」は見た目もかわいくて食べ歩きにもぴったり!テイクアウトだけでなく、和カフェ「口福茶寮」も併設されているので、「口福餅と大和抹茶のセット(990円)」や「口福餅ぜんざい(770円)」などもぜひ。
■大和茶大福専門店 GRANCHA
[TEL]0742-26-4834
[住所]奈良市東向中町22
[営業時間]大福販売 11時~19時、口福茶寮 11時~19時(L.O.18時30分)※12/1~2月末は11時~18時30分(L.O.18時)
[定休日]なし
[アクセス]近鉄 奈良駅より徒歩3分
「大和茶大福専門店 GRANCHA」の詳細はこちら
堀内果実園奈良三条店
完熟の果物を使用したこだわりスイーツ
堀内果実園奈良三条店フルーツサンド 990円(通年販売・フルーツは一部時期により変更になる場合あり)柿のティラミス 748円(秋冬限定)スムージー いちご&柿ミルク 660円(通年販売)
奈良・吉野にある農園が運営するカフェ「堀内果実園」では、果物本来の美味しさを感じられるサンドイッチやスムージー、ソフトクリームなどが揃っています。通年ある定番メニューのほか、旬の素材を使用した限定メニューも!

柿ティラミスや、柿を挟んだ「Kサンド」、アツアツの柿とクリームがマッチした「焼き柿」など、自社で柿を栽培しているため、秋から冬にかけては柿を使ったメニューが充実しています。
堀内果実園奈良三条店果物が主役になるようにシンプルで洗練された店内
お店にはスイーツだけでなく、コンフィチュールやドライフルーツ、シロップなど、完熟の果物の美味しさをそのまま閉じこめた無添加の加工品が並んでいます。パッケージもかわいいので、プレゼントにしても喜ばれること間違いなしですよ。
■堀内果実園奈良三条店
[TEL]0742-93-8393
[住所]奈良市角振町23
[営業時間]10時~19時(ランチタイムは11時~14時)
[定休日]なし
[アクセス]近鉄 奈良駅より徒歩5分
「堀内果実園奈良三条店」の詳細はこちら
カナカナ
町家でいただく体にやさしいランチ
カナカナカナカナごはん 1485円
休日は行列ができることも多い、人気の町家カフェ・カナカナ。1番人気はいろんなおかずを少しずついただける「カナカナごはん」です。食べ合わせやバランスを考えて作られた、月替わりのおかずはどれもやさしい味付けで、ほっこり。見た目はかわいいですが、ボリュームも十分です。

ランチメニューはほかに、海老やほうれん草のカレー、ドリアなどもスタンバイ。全メニューが18時30分ラストオーダーなので、晩ごはんとしても楽しむことができます。
カナカナ畳と間接照明の灯りでリラックスできる空間
カナカナのもう一つのお楽しみは季節の食材を使ったスイーツメニュー。秋は和栗のモンブランやタルト・タタンなどがお目見えしているので、食後のデザートやティータイムにもぜひ。
■カナカナ
[TEL]0742-22-3214
[住所]奈良市公納堂13
[営業時間]11時~19時(L.O.18時30分)
[定休日]月(祝日の場合翌火曜)
[アクセス]近鉄 近鉄奈良駅より徒歩15分
「カナカナ」の詳細はこちら
まとめ

ならまちには、おしゃれなカフェやスイーツがたくさん。鹿だけじゃないんです!

これからの紅葉シーズン、奈良公園周辺で散策をするのもおすすめですよ。奈良におでかけする際にぜひ立ち寄ってみてくださいね。

※この記事は2019年10月時点での情報です

■消費税の税率変更に伴うお知らせ
2019年10月以降に係るお支払につきましては、施設利用時に現地にて税率変更による差額分のお支払いが発生する場合がございます。
実際のお支払い金額に関しましては、ご利用いただく施設までお問い合わせください。

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ