ワーナーメディアがジブリ作品21タイトルのストリーミング配信権獲得 HBO Maxで配信へ

ガジェット通信



動画配信サービスの競争が一段と激しくなりつつあるアメリカ。どの動画配信サービスもキラーコンテンツを抑えるのに血眼になっています。

10月17日、ワーナーメディアは、「となりのトトロ」、「千と千尋の神隠し」、「もののけ姫」などを含む全21タイトルのスタジオジブリ作品のアメリカ国内におけるストリーミング配信権を獲得したことを明らかにしました。同社が2020年春にサービス開始を予定している動画配信サービス「HBO Max」にて、ジブリ作品が配信されることになります。契約はワーナーメディアと、北米におけるジブリ作品のディストリビューターであるGKIDS(ジーキッズ)との間で交わされました。

2020年春のHBO Maxサービス開始時に視聴可能なジブリ作品は、下記の20タイトルとなります。「風立ちぬ」のみ2020年秋の配信開始となっています。

となりのトトロ

千と千尋の神隠し

もののけ姫

天空の城ラピュタ

猫の恩返し

コクリコ坂から

ハウルの動く城

魔女の宅急便

ホーホケキョ となりの山田くん

風の谷のナウシカ

海がきこえる

おもひでぽろぽろ

平成狸合戦ぽんぽこ

崖の上のポニョ

紅の豚

借りぐらしのアリエッティ

かぐや姫の物語

ゲド戦記

思い出のマーニー

耳をすませば

https://twitter.com/GKIDSfilms/status/1184869480721108992

※画像とソース:

https://pressroom.warnermediagroup.com/na/media-release/hbo-max/hbo-max-acquires-us-streaming-rights-studio-ghibli-films

(執筆者: 6PAC)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ