上戸彩、人気声優・小野賢章からプロポーズされ「うっとりしちゃいました」

アニメハック

2019/10/18 12:30

登壇した上戸彩、福田彩乃、小野賢章
登壇した上戸彩、福田彩乃、小野賢章
 アンジェリーナ・ジョリーが主演を務めるディズニー映画「マレフィセント2」の吹き替え版ハロウィーン試写会が10月14日、都内で行われ、ボイスキャストを務める上戸彩、福田彩乃、小野賢章が出席した。

上戸はエル・ファニング演じるオーロラ姫役で続投しており、「前作ではニコニコと、柔らかなイメージのオーロラ姫でしたが、今回は妖精の国を守らなくちゃいけない。女性としての強さが生まれた」と役柄の成長にしみじみ。家族のあり方を問いかけるテーマ性に「アンジェリーナ・ジョリーさんの人生そのもので奥深い。先日のジャパンプレミアにも、お子さん2人が一緒だったとうかがい、この作品だからこそ、意味があるなと思いますね」と語った。

福田は3人の妖精(ノットグラス、フィリットル、シスルウィット)役で続投し、「ディズニーさんの作品で1人3役って初めてなんですよ」と胸を張った。だが司会者から「それ、こちらからお話するつもりでした」と指摘されると、「すみません、出しゃばりで」と照れ笑いを浮かべていた。

人気声優の小野はフィリップ王子役でシリーズ初参戦を果たし、「ディズニー作品で王子様を演じるのは初めてで、光栄ですね」。物語の序盤には、オーロラ姫にプロポーズするシーンがあり「人生の一大イベントですし、プレッシャーがすごかった。緊張しましたね」と振り返ると、上戸は「女性ならああいうプロポーズされたいですよ。小野さんの声にほれぼれというか、うっとりしちゃいました」と瞳を輝かせた。

名作ディズニーアニメ「眠れる森の美女」を新たな解釈で描いたファンタジー大作の第2弾。前作から数年後を舞台に、オーロラ姫とフィリップ王子の婚礼に隠された“ある策略”によって、マレフィセントが重大なピンチに立たされてしまう。監督は「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のヨアヒム・ローニング。10月18日に日米同時公開される。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ