ホンダ ビッグマイナーチェンジした「フリード/フリード+」発売

オートプルーブ

2019/10/18 11:30

ホンダは2019年10月18日、5ナンバー/3列シートのコンパクト・ミニバン「フリード/フリード+」をビッグマイナーチェンジして発売した。新型フリード・シリーズは、今回から新たにクロスオーバー風のデザインを採用した新グレード「クロスター」を設定している。

■車両概要フリード・シリーズは、フィット用のプラットフォームを使用した5ナンバーサイズのコンパクト・ミニバンで、扱いやすいボディ・サイズ、使い勝手の良い広い室内空間などにより、日本市場でトヨタ・シエンタと市場を2分し、ホンダにとっては国内の基幹モデルとなっている。

今回はボンネット、グリル、バンパー類のデザインをリファイン。インテリアは、ウォールナット木目調のインスツルメントパネルとするなど質感を向上させている。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});また全車標準装備の「ホンダ・センシング」に、新たに後方誤発進抑制機能を追加した他、道路標識読み取り精度を高めている。そして、新たにクロスオーバースタイルの新グレード「クロスター」を追加設定し、より選択肢を広げている。

エンジンは、従来からの1.5L自然吸気エンジン、1.5Lアトキンソンサイクル・エンジンと組み合わせたハイブリッドのラインアップで、エンジンの細部を改良している。トランスミッションはハイブリッドが7速i-DCD、ガソリン・モデルはCVTを採用。

CVTはブレーキ操作時に自動的にエンジンブレーキを強め、変速段をキープするブレーキ操作ステップダウン制御を新採用。上り坂やカーブ走行時にコントロールしやすくしている。

フリード 諸元表

var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || [];microadCompass.queue.push({"spot": "2855f6f1517a0e35089113339090f10c"});googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2ndright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274856377-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});■【価格】<フリード>

<フリード+>

<フリード 福祉車両>

<フリード+ 福祉車両>

新型フリード 詳細情報

ホンダ フリード 関連記事ホンダ 関連記事ホンダ公式サイト

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ