映画『冴えカノ』茅野愛衣の見どころは詩羽×英梨々のデュエット!  キャストたちの見どころをチェック! 

2019年10月26日(土)に公開される劇場版『冴えない彼女の育て方 Fine』に先駆けて、メインキャストの安芸倫也役 松岡禎丞、加藤恵役 安野希世乃、澤村・スペンサー・英梨々役 大西沙織、霞ヶ丘詩羽役 茅野愛衣、氷堂美智留役 矢作紗友里、波島出海役 赤﨑千夏の6人と主題歌アーティストを担当した春奈るなから映画の見どころやファンへのメッセージが寄せられた。

本作はKADOKAWAファンタジア文庫より出版されている、著・丸戸史明、イラスト・深崎暮人によるライトノベル『冴えない彼女の育て方』のアニメーション。2015年にアニメ化され、2017年と合わせて2期に渡って放送された作品の劇場版となる。

桜舞う坂道で運命的に出会った少女・加藤恵をメインヒロインにした同人ゲームを制作することを思いついた主人公・安芸倫也が、同人イラストレーターとして活動する活動する澤村・スペンサー・英梨々と、学年一位の優等生でありながら、ライトノベル作家として活躍している霞ヶ丘詩羽を誘い、blessing softwareを結成し、ゲーム制作に取り組んでいく、青春ラブストーリーだ。
劇場版ではアニメ版で描かれなかった、原作のラストまでを描いていく。

現在、原作イラスト・深崎暮人描き下ろしA3ポスター一体型特別前売券と、CloverWorks描き下ろしキービジュアルクリアポスターファイル付き第四弾前売券が全国公開劇場にて発売中となっている。

【キャスト&アーティストコメント】
◆安芸倫也役 松岡禎丞
――劇場版での自分のキャラクターの見どころをお聞かせください。
劇場版は第1期、第2期の続きとなるお話なのですが、今回は倫也の葛藤が見どころです。第2期では紅坂(朱音)さんが英梨々と詩羽を引き抜くという展開があって。優秀な出海ちゃんと新しい「blessing software」を結成していくことになるわけですが、そこからとある劇的な展開が起きるので、そこでの倫也の心の動きを観ていただきたいと思います。
今回の劇場版は男性目線と女性目線で感想が全然違うものになりそうな予感がしています。倫也に共感する人もいれば、それは違うんじゃないか? と思う人もいるでしょうし、恵を応援する人もいれば、もしかするとショックを受ける人もいるかもしれない。みなさんの反応が楽しみです。

――劇場版『冴えカノ』を楽しみにされているファンの方々へメッセージをお願いします。
今回で『冴えカノ』は完結を迎えるわけですが、みなさんの想像を越えた結末になっていると思います。「ぐぬぬ」となる人もいれば、「良かったな」と想う人もいるだろうし、「おい、お前、そこ変われ!」と思う人もいると思います。
この作品がすごいところは、何回見ても「ぐぬぬ」「おい、そこ変われ」と感じられることなんです。ぜひ、まずは劇場で一度目を楽しんでいただければと思います。

◆加藤恵役 安野希世乃
――劇場版での自分のキャラクターの見どころをお聞かせください。
恵の見どころは……たくさんありすぎます(笑)。丸戸先生もスタッフのみなさんも、劇場版の中に、恵の魅力をたくさん散りばめてくださいました。私も全力で、恵の心を追いかけました。ぜひ何度も繰り返して観て、恵の素敵なところを見つけてください!  
収録は時間をかけてじっくりと録っていただきました。悔いのない出来になっていると思います。

――劇場版『冴えカノ』を楽しみにされているファンの方々へメッセージをお願いします。
早い段階から「劇場版では原作の最後までを描きます」と丸戸(史明)先生や制作チームのみなさんから聞いていたので、それ以来ずっと心の準備をしてきました。最終巻の恵と安芸(倫也)くんとの掛け合いをどう演じようかと考えるだけで、ワクワクする気持ちとドキドキする気持ちを味わっていました。
それがはたしてどんなお芝居になったのか、どんな2人になったのか。みなさんもワクワク、ドキドキした気持ちを持って劇場へお越しください。

◆澤村・スペンサー・英梨々役 大西沙織
――劇場版での自分のキャラクターの見どころをお聞かせください。
英梨々の見どころは……全部!  と言いたいです(笑)。英梨々は今回、乗り越えなければいけない大きな問題に直面するのですが、そのときの感情の揺れ動きの幅がすごく大きいんです。
いわゆるテンプレのツンデレお嬢様ではなく、英梨々の人間味のある繊細な一面をぜひ見ていただけたらと思います。

――劇場版『冴えカノ』を楽しみにされているファンの方々へメッセージをお願いします。
ハンカチを忘れずに、劇場へお越しください!  最初はまっさらな状態で作品を楽しんで。その後、自分なりに注目点を考えてから二度目、三度目を観ていただくとより楽しめると思います。
第1期と第2期を通じて、英梨々と(安芸)倫也との関係がはっきりしないまま続いてきてしまったところがあると思うんですけど、その決着がどうなるか。そこも注目していただきたいです。

◆霞ヶ丘詩羽役 茅野愛衣
――劇場版での自分のキャラクターの見どころをお聞かせください。
詩羽先輩と英梨々のやり取りが今回の見どころです。今回、詩羽は劇中歌を歌わせていただいるのですが、それが詩羽と英梨々のふたりで歌っている曲なんです。パンフレットの豪華版にはCDが付属されるのですが、その詩羽と英梨々のデュエット曲や恵の曲、美智留の曲もまるっと収録されています。
映画の雰囲気をそのままお家に持って帰っていただけるので、ぜひあわせてお楽しみいただけると嬉しいです!

――劇場版『冴えカノ』を楽しみにされているファンの方々へメッセージをお願いします。
今回は完結編ということなので、ここまで『冴えカノ』を応援してきた方はもちろん、初めて『冴えカノ』に触れた方にも、見届けていただきたい作品になっています。今回の台本を読んだときに、やっぱり『冴えカノ』って面白い! と私もあらためて実感しました。
観て良かったなと思える素敵な作品になっていますので、劇場に足を運んでいただけると嬉しいです。エンドロールの終わりまで席を立たずに、最後までご覧ください。

◆氷堂美智留役 矢作紗友里
――劇場版での自分のキャラクターの見どころをお聞かせください。
今回、美智留はicy tailのみなさんと挿入歌を歌っているんです。見どころはやっぱり、その挿入歌が流れるシーンですね。
彼女は新生blessing softwareでも音楽を担当していて、頑張っていますので、ぜひ劇場で耳をかっぽじって、目を見開いて、美智留の活躍をじっくり観ていただきたいと思います。

――劇場版『冴えカノ』を楽しみにされているファンの方々へメッセージをお願いします。
この劇場版はTVシリーズから続く内容になっています。きっと第1期、第2期を観ていただいている方も多いと思いますが、ご覧になっていない方はこの機会にぜひ観ていただいて。
シリーズの流れを追ったうえで、劇場に来ていただけると、きっとより楽しめると思います。劇場の大きいスクリーンで『冴えカノ』の最終章を見届けていただけると嬉しいです。

◆波島出海役 赤﨑千夏
――劇場版での自分のキャラクターの見どころをお聞かせください。
出海は新生blessing softwareで頑張っています! これまでどおり、かわいらしく意地悪を言うシーンや、英梨々とのバトルもよりパワーアップして楽しんでいただけると思います。
きっと、いろいろなところで彼女の成長を感じていただけると思いますので、楽しみにしてください。

――劇場版『冴えカノ』を楽しみにされているファンの方々へメッセージをお願いします。
最終章『冴えない彼女の育てかた Fine』ということで、『冴えカノ』の最終章はどんなことが起きるのか! 今までのストーリーを見返して、ラストを受け入れる準備をしておいていただけたらと思います。
一度見たら、もう一度見たくなると思うので、ぜひスケジュールの調整をしておいてくださいね!

◆主題歌アーティスト 春奈るな
――主題歌『glory days』で注目して欲しいところをお聞かせください。
今回は沢井美空さんといっしょにコラボで楽曲を作らせていただきました。『冴えカノ』の集大成ということで、この曲を聴くだけで、今までのストーリーを振り返ることができると良いなと、特に歌詞にこだわりました。
歌詞にこれまでのエンディング・テーマやオープニング・テーマのタイトルを散りばめたり、楽曲タイトルの”glory”には”恵み”という意味合いが込められていたりと、『冴えカノ』のために作った楽曲なので、ファンのみなさんにぜひ聴いていただきたい楽曲です。

――劇場版『冴えカノ』を楽しみにされているファンの方々へメッセージをお願いします。
『glory days』を最大の『冴えカノ』愛を込めて歌わせていただきました。劇中の本当に素敵なシーンで流れますので、すごく楽しみにしていただきたいです。この曲の制作にあたって、私もシナリオを読ませていただきましたが、冴えカノファンが望んでいるそれ以上のものが詰め込まれていると思います。
私も映画の公開を楽しみにしていますし、みなさんにも楽しんでいただきたいなと思っています。

劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』
公開日:2019年10月26日(土) 全国ロードショー

<キャスト>
安芸倫也:松岡禎丞、加藤恵:安野希世乃、澤村・スペンサー・英梨々:大西沙織、霞ヶ丘詩羽:茅野愛衣、氷堂美智留:矢作紗友里、波島出海:赤崎千夏、波島伊織:柿原徹也

<スタッフ>
原作:丸戸史明(ファンタジア文庫/株式会社KADOKAWA)
キャラクター原案:深崎暮人
総監督:亀井幹太
監督:柴田彰久
脚本:丸戸史明
キャラクターデザイン:高瀬智章
制作:CloverWorks
配給:アニプレックス

(C)2019 丸戸史明・深崎暮人・KADOKAWA ファンタジア文庫刊/映画も冴えない製作委員会

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ