漫画分業制作システムの継承を目指す「さいとう・たかを賞」第3回最終候補5作品!

「シナリオ」「作画」の分業体制で制作された優れたコミック作品を評価するための賞「さいとう・たかを賞」の第3回最終候補作品が一次選考を経て決定した!
『アイとアイザワ』(漫画:うめ[小沢高広・妹尾朝子] 原作:かっぴー)、『前科者』(原作:香川まさひと 作画:月島冬二)、『マイホームヒーロー』(原作:山川直輝 漫画:朝基まさし)『約束のネバーランド』(原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか)、『レイリ』(原作:岩明均 漫画:室井大資)の5作品だ。

「さいとう・たかを賞」は、2017年に『ゴルゴ13』連載開始50周年を記念して一般財団法人さいとう・たかを劇画文化財団が創設した、シナリオ(脚本)と作画の分業によって制作された優れたコミック作品を顕彰するための賞で、さいとう・たかを自身が長年、大人の読者に向けた本格ストーリーコミック作品を制作するうえで採用してきた分業によるコミック制作システムに再び光を当てることを目的としている。

ちなみに2017年度の第1回は『アブラカダブラ~猟奇犯罪特捜室~』(原作:リチャード・ウー 作画:芳崎せいむ)が受賞し、2018年度の第2回は『イサック』(原作:真刈信二 漫画:DOUBLE-S)が受賞しており、受賞作品のシナリオライター・作画家・プロデューサーとしての担当編集者(または編集部)の三者それぞれには正賞としてさいとう・たかをデザインによる「ゴルゴ13像」を、シナリオライター・作画家のそれぞれには副賞として賞金各50万円が贈呈される。

最終選考委員は第2回に続き、さいとう・たかを、やまさき十三、池上遼一、佐藤優、長崎尚志の計5名が務め、結果は最終選考会を経て、2019年12月10日(火)、さいとう・たかを賞ウェブサイト(https://www.saitotakao-gekiga.or.jp/award/)および「ビッグコミック」誌面にて発表される。


▲さいとう・たかを


▲トロフィー(ゴルゴ13像)

■最終候補5作品 (作品名50 音順、敬称略)

●『アイとアイザワ』
漫画/うめ(小沢高広・妹尾朝子)
原作/かっぴー
株式会社ナンバーナイン「マンガトリガー」連載

(c)kappy2018/UME2018

●『前科者』
原作/香川まさひと
作画/月島冬二
小学館「ビッグコミックオリジナル」連載

(c)香川まさひと 月島冬二/小学館

●『マイホームヒーロー』
原作/山川直輝
漫画/朝基まさし
講談社「週刊ヤングマガジン」連載

(c)山川直輝・朝基まさし/講談社

●『約束のネバーランド』
原作/白井カイウ
作画/出水ぽすか
集英社「週刊少年ジャンプ」連載

(c)Kaiu Shirai 2016
(c)DemizuPosuka 2016

●『レイリ』
原作:岩明均
漫画:室井大資

(c)岩明均・室井大資(秋田書店)2016

■第3回さいとう・たかを賞 概要
<選考対象>
シナリオライター(脚本家)と作画家の分業により制作されており、2016年9月1日~2019年8月31日の期間中にコミックス第1巻が刊行されているコミック作品
<選考方法>
さいとう・たかを劇画文化財団内にて一次選考を行った後、選考委員による最終選考にて受賞作1作を決定。
<選考委員>※委員名50音順・敬称略
池上遼一、さいとう・たかを、佐藤優、長崎尚志、やまさき十三
<賞品>
表彰対象は、該当作品のシナリオライター・作画家・担当編集者(または編集部)の3者とします。
【正賞】ゴルゴ13像トロフィー(シナリオライター・作画家・担当編集者)
【副賞】50万円(シナリオライター・作画家)

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ