「ダーウィンズゲーム」20年1月放送開始 カナメ役に小林裕介、シュカ役に上田麗奈

アニメハック

2019/10/16 20:30

(C)FLIPFLOPs(秋田書店)/ダーウィンズゲーム製作委員会
 テレビアニメ「ダーウィンズゲーム」の放送が2020年1月からスタートすることが決定し、主人公の須藤要(スドウカナメ)を小林裕介、ヒロインの狩野朱歌(カリノシュカ)を上田麗奈が演じることが明らかになった。それぞれに武器を携えたカナメとシュカを描いた第1弾キービジュアルも公開されている。

深山秀氏と高畑ゆき氏による漫画家コンビ「FLIPFLOPs」が「別冊少年チャンピオン」(秋田書店刊)で連載中の原作は、累計発行部数300万部を超える人気作で、ゲームプレイヤーたちが“極限異能力バトル”を繰り広げる姿を描く。謎のアプリ「ダーウィンズゲーム」を起動してしまった高校生のカナメは、プレイヤー同士が異能力“シギル”を駆使して戦う命がけのゲームに巻き込まれ、生き残るためにゲームクリアを目指す。アニメ版の脚本は、原作者の深山氏自らが全話を担当する。

主演を務める小林は「巻き込まれて始まったゲームですが、少しのチャンスから活路を見いだして切り抜けるギリギリのバトルが、見ていていつもハラハラさせられますよね。シギルを駆使した躍動感あるシーンがアニメでどう表現されるのか、僕も今から楽しみです。ストーリーは過酷なことも多く、心が疲弊しそうですが、せめてアフレコのブース内の空気を明るくして中和していけたらいいなと思っています(笑)。常に死と隣り合わせにある緊張感ある戦いをお楽しみに!」とコメント。上田は「本当に生死が関わってくる上に、異能まで絡んでくるという恐ろしすぎる『ゲーム』。スリルあふれる独特の世界観が、アニメでどのように表現されていくのか、私も今から楽しみです。アニメの方でも、強く美しくたくましいシュカの魅力を感じていただけるように、頑張ります!」と意気込みを語った。

AbemaTVでは10月29日に、小林と上田が出演するスペシャル生放送特番の配信が決まった。番組内では、追加キャスト情報やアニメの新情報などが発表される。配信時間などは未定で、後日公式サイトで告知。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ