早乙女太一、夜寝る前に必ずラーメン食す!? 久本らツッコミ「一番デブるパターン」

※画像は、『メレンゲの気持ち』公式Facebook より

 

10月12日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に、俳優の早乙女太一・友貴兄弟が登場。2人ともスリムな体系だが兄・太一が意外な食生活を告白し、MCの久本雅美からツッコまれたり、また子供の頃の兄弟喧嘩では一方的な展開だったという事が明かされ、出演者一同苦笑していた。

 

早乙女太一「弟は反抗心が無いんですよ」

 

MCのいとうあさこから「太一さんは、今メロメロになっている好きな物があるとか?」と聞かれた太一は「寝る前のラーメンが本当に欠かせないんですよ」と答え、一同騒然。久本が「一番ダメなやつじゃん」とツッコめば、いとうも「プロポーション的に禁じ手な気がしますけども」と続く。太一は「すごく好きで、寝る前に少なくても2玉、多い時は4玉食べてます」と明かし、悲鳴にも近い声がスタジオから漏れた。

 

いとうが「寝る前じゃないとダメなんですか?」ともっともな事を聞くと太一は「寝れないんですよ。寝ようとすると『ラーメン食べないと』ってなっちゃって。炭水化物が大好きで、米があれば何でもよくて、ラーメンにも米ですね」と話し、一応ダイエットはしているとはいうものの、久本は思わず「一番デブるパターンじゃん」とツッコみ、笑わせた。

 

そして弟の友貴は、兄との子供の頃の喧嘩を語る。「兄は(「ドラえもん」の)ジャイアンみたいでした。よくちょっかいをかけてきて、僕が怒るのを楽しむんですよ」と話し笑わせる。さらに「僕は我慢するんですよ。喧嘩したくないし、喧嘩しても勝てないですからね。でも我慢してもしつこくてしつこくて。で、僕がブチ切れたのを楽しむっていう」と当時を振り返りながら話していた。

 

これに対し太一は「これには理由があって、弟は反抗心がないから来ないんですよ。でもそれは違うぞ、と。『勝つつもりで来いよ、あきらめるな』という気持ちだったんですね」と語るも、ゲストで来ていたジョン・カビラからは「自分が原因なのに」とツッコまれ、太一も苦笑いを浮かべていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ