#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

OTONA SALONE

2019/10/16 17:00



44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。

失恋直後に知人・Y嬢に誘われた飲み会で、バツイチ男性のゲームさん(48歳)と知り合う。深夜まで愉快に飲んで解散した直後、Y嬢から「ゲームさんが一目惚れしたらしい」と告げられ……⁉ この物語は40代独女の「実名 顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

40代独女「一目惚れ」された⁉


深夜のタクシーで帰宅し、ふとスマホに目をやるとメッセージが届いていた。Y嬢からだった。

Y嬢「今夜は本当にありがとうございました! 遅い時間まで……。しかも我が家で(笑)」

いえいえ、こちらこそありがとうございました。失恋で引きずっている心の傷を紛らわせることができたし。

Y嬢「あの、それで私が社外で一番お慕いしているのがゲームさんなんですけど、実はゲームさんがアサミさんに一目惚れしたかもでして。お食事にお誘いしたいと言ってまして」

え! 一目惚れ??? ゲームさんが私に⁉ え、どこが⁉ 予期せぬメッセージにうろたえるアサミ。

Y嬢「ゲームさんは本当に仕事ができて、優しくて、面白い方です。こんなことお伝えするのもなんですが、学歴、お家柄も良いと思います。なので、アサミさん、お忙しいと思いますが、よろしければぜひです!」

ゲームさんに対する印象は


一目惚れしたかもだなんて……そんなこと、人生で初めて言われたわ! なんだか急にドキドキしてきた。

アサミ「「こちらこそ、ありがとうございました。楽しかったですし、ふろふき大根もホント美味しかった。お料理上手ですね!!」

ちょっと動揺したけれど、まずは冷静に今日の御礼を伝えて。

アサミ「ゲームさんがそんな、光栄です。みなさんとお話してるのを聞いていて、とてもフランクでいいかただなって思いました」

これが私の、ゲームさんに対する印象だ。お世辞じゃなく素敵だと思った。

アサミ「婚活中のモテない40代独女なので、そんな風に思っていただけるなんてびっくりです。私、ただ飲んで食べて、曲を聴いて泣いてただけで……(苦笑)」

むしろ、初対面なのに涙を見せてしまってお恥ずかしいくらいだったわ。


突然、呼び出された理由


編集長アサミの婚活スタートから、2年弱までをまとめた「40代ご無沙汰女子のざんねんな婚活」。好評発売中です。

→書籍『ざんねんな婚活』について詳しくはコチラ( https://www.amazon.co.jp/dp/4093886601 )

Y嬢「それならよかった。感動するくらいいい声ですよね」

Y嬢「実はアサミさんに連絡する前に……、40代編集長の婚活記を見せてたんですよ。コレが面白いんですって。そしたらゲームさんが意外と食いついてきて」

コウハイちゃんだけじゃなく、みんなで読んでくれてたのか。ありがたい。

Y嬢「アサミさんの顔写真が見たいっていうから、サイトに載っているプロフィール画像とかもろもろお見せしたんですよ。そしたらゲームさんの好みにわりとハマったのかわかんないですけど、めっちゃ会ってみたいっていうんで。酔っ払いの勢いでいまから呼んじゃう?みたいなノリになって」

あ、そういうことなんだ……。呼ばれたのは私だけだったし、なんか妙に「ゲームさんどう思います?」とY嬢が尋ねていたし。婚活の意味も含めて紹介してくれたってことか。

アサミ「あぁ、それで突然のお誘いだったのね」

Y嬢「そうなんですよ。ダメ元でご連絡したんですけど、来ていただけてホントよかったです」

「出会いのきっかけ」はまさかのコレ


そうか、会う前にゲームさんは私に興味持ってくれていたんだ。オープンに「婚活記」を書いていたことが功を奏した、のかな。自分の書いた記事が、出会いのきっかけを作ったというか(笑)。

私の婚活、仕事、写真……いろいろチェックしたうえで、突然飲み会に誘ってくれたワケね。

Y嬢「で、実際にお会いしてどうだったかとついさっきゲームさんにお聞きしたんですよ。会う前と会った後でどう思いましたかって」

そうそう、そこが本題!

Y嬢「そしたら、会ってみてもよかったみたいで。一目惚れからのお気に召した的な? それでアサミさんのご連絡先を教えてもよろしいでしょうかと思いまして」

会ったらガッカリだったじゃなくてよかった。

アサミ「そんな、私でよければ。Y嬢のお知り合いだし、さっき一緒に飲んで楽しかったし。なんか照れちゃいますね。心は乙女なので」

Y嬢「ありがとうございます。ゲームさんにお伝えします! すぐにご連絡が入ると思うので、よろしくお願いいたします!」

「また会いたい」なんて、うれしい


驚いた……。「一目惚れ」したかもなんて言われたのもうれしい。会ったみて「また会いたい」って思ってもらえるのもうれしい。

率直にゲームさんの好意がうれしかった。初対面で好印象を持たれるのは、誰だってうれしいもの。

ゲームさんのことは、いい人だとは思った。

連絡先を交換するのもいやじゃないし、私もまた会ってみたいとは思った。

ただ、トキメキみたいなものがあったかといえば、うーん……どうだろう。


ゲームさんに「ピン」ときたか?


そもそも私は、トキメキというか、自分の中の恋愛感情の芽生えに気づくのが鈍いほうだ。一目惚れなんて、もちろんしたことがない。

ただ、ジェントルさんと初めて会ったとき。ゲイかもしれないと思った部分もあったけれど、なんだか彼の話に引き込まれてしまって……知らない環境の話や彼の感性みたいなものに、いま思えばジェントルさんにはちょっとピンときたところがあった。一目惚れまではいかなかったけど、惹かれるものはあった。

以前、占いで鑑定してもらった流光七奈先生にも西新宿の母にも「アサミさんはピンとくるかどうかを大切にしてね」って言われたことがあるけど……。

でもゲームさんには、正直、ピンときたものはなかった気がするなぁ。

最初はピンと来なかったけど


ゲームさんとは1対1で会ったわけではない。Y嬢含めて4人と一緒にいてのことだ。二人で会ったら、また違うかもしれない。

年齢的に近いからか、思春期に見てきたものが近い。

ユニコーンが好きっていうところも共通している。

それに、私がAimerの曲を聴いて号泣しても(苦笑)、ドン引きしたりしないで(ホントの理由は言ってないし)、さりげなくティッシュを渡してくれたり、気遣いが感じられた。

お酒も飲んでいたけど、なにげに甘いものも食べていてよかったな、と。私、甘いものが苦手って人はちょっとさみしいかもしれない。私が甘いもの好きだから。

それにY嬢という共通の知り合いがいるという安心感……。

ゲームさんに感じたのは、「安心感」かもしれない。

「安心感」のあるゲームさん


ゲームさんから連絡が来たのは、その翌々日、日曜日のことだった。

ゲーム「金曜日はありがとうございました。Y家でふろふき大根をご一緒させていただいたゲームです。すみません、不躾にもY嬢から連絡先を伺いまして、ご連絡させていただきました。ご迷惑でしたらごめんなさい」

とても丁寧なメッセージの始まりかただった。

ゲーム「金曜日は突然の誘いにも関わらず快く合流いただいて、感謝しています。いつもの飲み会がアサミさんが加わっていただいたことで、ななかとても得した気分です」

得しただなんて(笑)。面白い表現使うかた! でも、そう思ってもらえてうれしい。

とても丁寧なゲームさん


ゲーム「なんの触れ込みもナシのはじめまして……でしたが。楽しい時間を過ごさせていただいたのは、アサミさんのお人柄だからだと思います」

そんな!! 恐縮です! こちらこそゲームさんがとてもフレンドリーなかただったから楽しかったもの。

ゲーム「年齢が近いこともあって、勝手に親近感をいだいてしまって、もっとお話がしてみたいとこれまた勝手に考えてしまっています」

それは私もです。同じように感じてもらえたなんて!!

ゲーム「そんな機会をいただければ、とてもうれしく思います。気が向いたらご返信ください。お忙しいと思いますので、お風邪などひかぬようにご自愛ください」

気が向いたらだなんて、謙虚なゲームさん。いきなりグイグイ距離を詰めてくる感じじゃないところが、好感を持てる。

ジェントルさんにフラれた失恋の傷はまだ癒えていないけど……。もうどうにもならないんだものね。前に進んでいくしかない。ゲームさんのこと、ちゃんと向き合ってみよう!

【優しいゲームさんに好感をいだいたアサミ。このまま恋愛に進展するのか!? 10月23日(水)17時をお楽しみに!】

【前回はコチラ】

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】( https://otonasalone.jp/136897/ )

40代編集長の婚活記まとめ( https://otonasalone.jp/tags/series-around40konkatsu/ )

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ