『まだ結婚できない男』ハロウィン仮装に桑野が持論 「激しく同意」

しらべぇ

2019/10/16 16:20


15日、阿部寛主演ドラマ『まだ結婚できない男』(関西テレビ・フジテレビ)の第2話が放送。ハロウィン仮装に対する主人公・桑野信介(阿部)の意見がネット上で話題になっている。



■婚活アプリを使う桑野


この日、桑野が婚活アプリを利用する様子が描かれた。きっかけは事務所の共同経営者で元部下の英治(塚本高史)が、桑野のプロフィールで勝手に婚活アプリに登録したことだった。

最初こそバカにする桑野だったが、消し方がわからないうちにメッセージが多く来て、気になり始める。そして、その中のヨガインストラクターの女性とやり取り始めることになり、それを知った事務所の面々やまどか(吉田羊)、有希江(稲森いずみ)に会ってみるよう勧められる。

だが、待ち合わせでホテルのラウンジで待っていたところ、桑野は警察官に書へと連れて行かれる流れに。婚活アプリを悪用して、悪さをしている男と外見的特徴が似ていることが要因だった。結果、桑野は女性と会えずに終わることに。


関連記事:『まだ結婚できない男』持田香織が歌う主題歌のタイトルに反響 「やばい」

■ハロウィンでうんちく&本気の仮装


そんなメインストーリーの横で、ハロウィンについて描かれる一幕が。英治ら事務所のメンバーがハロウィンに向けて仮装をしようと盛り上がっていたところ、桑野は「だいたいお前らハロウィンの起源がなにか知ってて参加するだのしないだの言ってんだろーな」と切り出し、うんちくを語り始める。

桑野によるとハロウィンは古代ケルト民族が10月31日の夜に行なっていたウィーン祭が起源とされており、先祖の霊と一緒に悪霊がやって来るため、驚かせて追い払うために仮装をするようになった。ゆえに、ハロウィンの仮装には魔物を退散させるだけのインパクトが必要。昨今のコスプレ的な仮装は邪道と言いたいようだ。

そして終盤、桑野のもとに巨大なダンボールが届く。中に入っていたのは仮装グッズ一式で、マスクにつなぎ、ナイフを持ってひとり部屋でハロウィン仮装を楽しむ様子が描かれた。

■「たしかに」「激しく同意」


桑野らしさがあふれた視点、うんちくが表現された今回のエピソード。ネット上では「たしかに本物のハロウィンだった」「桑野さんのハロウィンに対する意見に激しく同意」など同意の声が相次いだほか、「ハロウィンを熱く語る桑野さん草」「仮装もおひとりさまなのか」とツッコミも確認できた。

■「ハロウィン好き」は4分の1


ちなみに、しらべぇ編集部では以前、ハロウィン前に全国20~60代の男女1,354名を対象にハロウィンイベントに対してどんな印象を持っているのか調査。その結果、好意的な印象を持っている人は4分の1程度にとどまる結果となった。



成り立ちから大きく逸れている昨今のハロウィンに疑問を持っている人が少なからずいることが推測される調査データだが、そんな人は桑野のハロウィンへの姿勢に納得したのかもしれない。

《これまでに配信した『まだ結婚できない男』関連記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→川瀬莉子、『ドクターX』へ意気込み 「細かいところまで見てほしい」

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,354名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ