舞台『IdentityⅤ STAGE』田中稔彦、橘りょうらサバイバー4名のソロビジュアル&イメージカットが解禁

SPICE

2019/10/16 14:24



2019年11月29日(金)~12月8日(日)までサンシャイン劇場にて上演される『IdentityⅤ STAGE』より、田中稔彦、橘りょう、石川竜太郎、藤白レイミ演じるサバイバー4名のソロビジュアルが解禁された。また、すでに公開されていた平井雄基と合わせ、5名のイメージカットが公開された。

本作は、5人対戦であり、1人のハンター(追跡者)と最大4人のサバイバー(逃亡者)で試合が行われる非対称対戦型マルチプレイゲーム『IdentityV 第五人格』の舞台版。本作は、2幕に分かれており、第2幕は2020年6月に上演予定。第1幕と第2幕で出演キャラ/当番キャラが異なり、それぞれが完全に独立した話となっているという。

ソロカット

幸運児:橘りょう
幸運児:橘りょう
弁護士(フレディ・ライリー):田中稔彦
弁護士(フレディ・ライリー):田中稔彦
泥棒(クリーチャー・ピアソン):石川竜太郎
泥棒(クリーチャー・ピアソン):石川竜太郎
庭師(エマ・ウッズ):藤白レイミ
庭師(エマ・ウッズ):藤白レイミ

イメージカット











また、11月末からの第1幕開幕に先立って、11月9日(土)、10日(日)にアニメイトガールズフェスティバル 2019(AGF2019)でステージイベントが行われ、納棺師(平井雄基)、探鉱者(須賀京介)、占い師(千葉瑞己)、弁護士(田中稔彦)、傭兵(才川コージ)、幸運児(橘りょう)が登壇予定だ。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ