木下優樹菜「タピオカ店恫喝騒動」で蒸し返された“学生時代のイジメ自慢”!

アサ芸プラス

2019/10/16 10:30


 炎上が止まらない。

10月6日、タレントの木下優樹菜インスタグラムを更新。姉が勤務していたタピオカドリンク店に関して、〈(姉は)給料もちゃんともらえず、、給料明細までもらえず、、、人間不信のようになってしまぃました〉とトラブルになっていることを報告し同情を集めていたが、7日、店の関係者と思われる人物が木下から受け取ったDMをツイッターで公開すると、一転して木下に対し批判が殺到した。

「店の関係者と思われる人物は、《木下優樹菜さんがインスタで個人で経営する店を叩いていたので、私の知っていることを記します》とツイートし、木下のインスタアカウント名が入ったDMをスクリーンショットしたものを公開しました。そのDMには《弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね》や《週刊誌に姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー》など恫喝とも取れる内容が記されていたのです」(芸能記者)

ネット上ではこれに、《やり方が完全にヤ○ザ》《木下は学生時代のイジメを自慢げにテレビで話していたが、やっぱり中身は変わってない》《これは謝罪で済まされる問題ではない》など厳しい指摘が噴出しているのだ。

「今年7月に木下の姉がタピオカ店で働き始めたことで、木下はまるで姉がタピオカ店を開業したかのようにインスタで宣伝をしていました。その後、店関係者が姉に対して木下がインスタで勝手に宣伝活動していることに苦言を呈したことが、トラブルの引き金になったと見られています」(ネットウオッチャー)

木下は9日にインスタグラムで、〈この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした〉と謝罪しているが、ネット上では炎上が続いている。

「中でも指摘されているのが、《まったく成長していない》いうもの。木下は以前、バラエティ番組で、“八方美人な女子を問い詰め不登校にした”と学生時代のいじめ行為を自慢げに話したことで大炎上している。世間の見方は“さもありなん”といったところだったんでしょう」(夕刊紙記者)

沈静化には時間がかかりそうだ。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ