Hey! Say! JUMP中島裕翔 ベストジーニスト殿堂入り、出川哲朗と“カッコいいポーズ”披露

dwango.jp news

2019/10/15 19:58


Hey! Say! JUMPの中島裕翔が、“最もジーンズが似合う有名人”を決定する『第36回ベストジーニスト2019』の『一般選出部門』を受賞、15日都内で行われた発表会に出席した。

『一般選出部門』は、昨年の10月から今年の8月末日にわたり、一般ハガキ、WEBによる投票を集計。投票総数426,516票のうち、今回中島は126,853票を獲得、3年連続『一般選出部門』を受賞したことで殿堂入りとなる。



受賞の感想を聞かれた中島は「本当に名誉ある賞。3年連続で取らせていただいて、感無量です」と感想を述べ、「ファンのみなさん、ありがとうございました」と投票したファンに感謝した。

コーディネートのポイントついて聞かれると「大き目のパッチワークで、デニムを解体してつくられたものなんですけど、ダメージジーンズとはまたちょっと違った綺麗さが出ているかなと。あとは、紐できゅっと縛っているところがいいな」と語った。

今回の受賞について、他のHey! Say! JUMPメンバーの反応について聞かれると「僕らメンバー共通のスケジュールアプリを使ってるんですけど、チーフマネージャーさんが今日の受賞式を『スケジュールに入れときますね』と入れたスケジュールが『ベストジーニス賞』だったんです。それについて有岡が『“ト”が抜けてるよ!』とコメントしてくれました」と話し会場を沸かせた。

最後に報道陣から“カッコいいポーズ”を求められると、『協議会選出部門』を受賞した出川哲朗と一緒にポーズを披露。事前に中島は出川より「ちょっと目線を外した方がいいよ!」とアドバイスを受け、出川と2人で目線外した表情や、笑顔など様々な表情でポージングを披露した。

日本ジーンズ協議会が主催する『ベストジーニスト』は、最もジーンズが似合う有名人を選出する賞で今年で36回目の開催となる。一般投票で選ばれる『一般選出部門』の男性部門には今年で3年連続受賞となるHey! Say! JUMPの中島裕翔、女性部門に初受賞の山本美月を選出。また、協議会が選出した『協議会選出部門』は出川哲朗、長谷川京子、E-girlsが受賞。今年新設の『次世代部門』は、井手上漠と石橋静河が受賞した。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ