坂口杏里、元巨人・笠原将生とYouTubeでタッグ 既に5本の動画を投稿

しらべぇ




元タレントの坂口杏里がYouTubeチャンネルで元プロ野球選手の笠原将生とのコラボ動画を公開している。テレビでは見られない、世間をザワつかせてきた2人がタッグを組んだ。

「お騒がせ」と称する2人、これまでに5本の動画を投稿するなど活発。対談から料理、ドッキリと何かとやる気があるようだ。

■マネージャーが引き合わせた?


2人が共演する動画が初めて投稿されたのは7日のこと。「笠原将生、お騒がせの2人が対談したら!?」とのタイトルだった。マネージャーの「合わせてみたらどうなるんだろう」との考えから引き合わされたのだが、いくらなんでもデンジャラスすぎるのではないか。

笠原はかつて所属していた読売ジャイアンツのユニホームに着替え、まさかの対談がスタート。いきなり2人の逮捕についての話題から入り、時折YouTubeですら流せないワードが登場するなどお騒がせなコンビならではのトークが展開。

この対談は前後編に分けられて2本投稿された。

対談動画のあとには意気投合したのか生配信まで。「ダブル捕まり」と坂口が言うように、逮捕された経験がある者同士だからこそ通ずるものがあるのだろうか。


関連記事:坂口杏里、ユーチューバーデビューを宣言 「毎日動画投稿します」

■料理動画も投稿


対談と生配信で終わるかと思われたコラボだが、まだまだ続いている。生配信の翌日には2人が過去に活躍してきたものと関係のない「笠原将生と肉じゃが挑戦!?」が公開された。

とても世間を騒がせた経験があるとは思えない、平和な料理動画に仕上がっている。例えYouTubeであっても見られることのない貴重なコンビ――マネージャーも重宝しているのか、数日の間をおいてから笠原のフィールドである野球動画も投稿された。

しかし、ここも坂口流と言うべきなのか、「野球対決でデッドボールくらったので逆切れドッキリしてみた」とタイトルにある通り、野球というよりドッキリがメインの内容に。これだけで終わりそうもないコラボだが、果たしてどこまで続くのだろうか。

■テレビとユーチューブどちらを見る?


しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,589名を対象に調査したところ、全体の21.8%が「テレビよりYouTubeを見ることが多い」と回答している。



芸能界復帰を目指している坂口にとって大事な活動場所であるYouTube。時代が進んでテレビよりもYouTubeを見る人が増えるかもしれない。その時、彼女は動画を作り続けるのだろうか。

・合わせて読みたい→坂口杏里、母の再婚「受け入れられず」 遺産も「微々たるもの」

(文/しらべぇ編集部・大山 雄也

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ