クリスマスまでに「自分史上最高の彼氏」を作りたい人だけ読んでください

ハウコレ

2019/10/16 07:00



早いもので2018年も夏が終わり、秋が始まろうとしています。月日の流れはあっという間ですね。

あとちょっとしたら年末です。そしてやってきます、恋人たちの祭典クリスマスが。

今恋人がいない人も、いるけどちょっと怪しいという人も、今年の年末を「クリぼっち」で過ごさないようにするには、3ヶ月前の今から動き出さなくては間に合いません。

「今年こそ、最高に幸せなクリスマスを過ごすぞ!」と決めているなら、他のライバルが動き出す前にアクションを進めていきましょう!

■デートから逆算した恋人探しを始めよう
かといって、「まずは出会いだー!」と闇雲に合コンに参加したり、マッチングアプリをスワイプしまくるのはオススメしません。

あなたが思い描いているクリスマスデートはどんな彼氏だったら実現できそうか?そのイメージを膨らませるところから始めましょう。

ディズニーホテルに泊まってお姫様気分に浸りたいなら、エスコート上手でかつ激混みのディズニーでも一緒に楽しめそうな、ノリの良い人がいいかもしれません。

高級レストランで赤ワインで煮込んだ牛ほほ肉を食べたいなら、ある程度所得の高い男性のいそうなコミュニティーを探す必要があるでしょう。

あるいは、お家でまったり七面鳥を食べながらぐうたら過ごしたいなら、真面目でおっとりとした好青年を狙い撃ちすべきです。

どんな人とどんなデートをできる関係になりたいのか?そのイメージが具体的であればあるほど、引き寄せる男性も自分の理想に近い男性になっていきます。

■「クリスマスまでに恋人欲しい」と言っちゃうのはNG
クリスマスデートを明確にイメージしたからといって、「クリスマスまでに恋人が欲しいです!」と自己紹介に加えるのはNGです。

がっついているイメージを持たれて、せっかくの出会いを逃してしまうことにもなりかねません。

「焦らず、急げ」という言葉がありますが、まさにその通り。焦りは緊張や失敗のもと。余裕を持っている人ほどモテる、という事実を忘れないようにしましょう。

ただ、「こんなデートができたらいいなぁ」と理想を語るのはOKです。この際「男性にこうして欲しい」と語るより「男性に(と)こうしたい」と語った方が、自己中心的な感じがしないので好印象です。

これによって「この子とは価値観が合いそうだな」と思ってもらえる可能性も高まりますし、逆に「この子とは価値観が合わなそうだな」とマッチングしない男性を遠ざける効果もあるのでオススメです。

■使えるものは全部使う、という姿勢が重要
理想の彼氏像を考え抜いたら、そんな人を引き寄せそうな出会いには全て手を出すぐらいの気概を持ちましょう。

合コン・街コン・パーティー、アプリ、友達の紹介、取引先のビルですれ違ったイケメン、全ての出会いをフルに活用しましょう。

世の中は行動したものにのみチャンスが巡ってくるようにできています。ただ単に待っていても絶好のチャンスはいつまで経ってもやってきません。

ほとんどの恋は早い者勝ちです。あなたがアクションしない間に、誰かがアクションを起こし、あなたが付き合えるかもしれなかった理想の彼氏に「デートに行きましょ」と声をかけているかもしれません。

「そんなにがっついてまで…」と尻込みする人もいるかもしれませんが、夢にがっつかないで何にがっつくというのでしょう。

どうせクリスマスまでの短期決戦です。3ヶ月と決めたらやれる気がしませんか?まずは今日のワンアクションから。それでは幸運を祈ります。(川口美樹/ライター)

(ハウコレ編集部)(鈴木凪沙/モデル)
(島崎雄史/カメラマン)
(JYO/ヘアメイク
(辻野祐馬/ディレクション)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ