有吉&マツコ、東京五輪の開催時期に不安「やっぱり8月ツライ!」

※画像は、『マツコ&有吉 かりそめ天国』公式サイトのスクリーンショット

 

10月11日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)は、視聴者からの「東京五輪の影響で花火大会の日程がズレる」というメールが取り上げられ、有吉弘行マツコ・デラックスが夏のイベントの開催時期について持論を展開した。

 

マツコも同意「秋がいいって!」

 

まずナレーションが視聴者のメールを「東京五輪の影響で毎年恒例の花火大会が5月に前倒し。何だか風情がなくなりそうで悲しい」と読み上げ、「コミックマーケットが5月の連休に変更など、多くのイベントが開催時期をずらす」と解説。

 

有吉が「コミケ(コミックマーケット)はすごい暑いんだって。建物の中にみんなの熱気で雲ができるんだよ。そんな過酷な中で見てたから5月ぐらいになった方がいいイベントもある」というとマツコは「喜ぶ人たちもいるんじゃない?あんな夏の中、フェスとかもけっこうキツかったと思うよ。だからゴールデンウィークくらいの方が気候的にいいんじゃない?」と同調。

 

「って思うと、やっぱりオリンピック8月ツライよ!」という有吉に「おかしいって!秋がいいって!」とマツコ。有吉が「10月10日にやんなさい本当に。昔の体育の日ですよ」というとマツコは「だって10月だったんだよ?あの当時の気候でも10月にやろうってなってたんだよ?大丈夫?」と疑問を投げかけ、「あれはアメリカのビッグスポーツの合間にやってるってことでしょ?」という有吉に「時間帯とかも夜中に決勝やったりするんだよね。向こう(日本以外)の人が観やすいようにね」と話す。

 

次にマツコは「8月じゃなくすれば?夏休みを」と提案し、「バケーションシーズンというのが今は7月から8月にかけてじゃない。アレをずらして全部ずらすの。3~4か月ずつ全イベントをずらす」と説明。

 

マツコは「お正月とかはそのままでいいわよ」と続け、「(消費税)8%と10%の違いみたいになるね。正月はずらせませんけど夏休みはずらします。節分はずらすけどひな祭りはそのままですよ」という有吉に「そんな混乱を招きたいわけじゃないのよ」と困惑していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ