ディーン×岩田剛典バディ誕生「シャーロック」にハマりそう。他人をジャッジしない精神は令和らしさ!1話

エキレビ!

2019/10/14 09:45

獅子雄「若宮ちゃん、一緒に暮らそう」
若宮「はあ、ふざけんな」

10月7日(月)よる9時にスタートしたドラマ『シャーロック』(フジテレビ系)。アーサー・コナン・ドイルの推理小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原作に、舞台をロンドンから令和の東京に移した。

主人公のシャーロック・ホームズにあたる犯罪コンサルタント・誉獅子雄(ほまれ・ししお)をディーン・フジオカが、友人のワトスンにあたる精神科医・若宮潤一(わかみや・じゅんいち)を岩田剛典が演じる。


本質を隠すのが上手いディーン・フジオカと岩田剛典
7日放送の第1話では、獅子雄と若宮の出会いが描かれた。いわば前日譚だ。令和元年10月1日の医師・赤羽栄光(中尾明慶)の自殺をきっかけに、7日の事件解決までを追う。公式サイトのイントロダクションにもあるように、舞台が「令和の東京」であることを強調してきた本作。リアルタイム性にもこだわっている。

令和の東京を舞台にするにあたって、獅子雄の職業は「犯罪コンサルタント」に、若宮の職業は「精神科医」に、原作から変えている。原作のレストレード警部にあたる警部・江藤礼二(佐々木蔵之介)が頼る相手として、探偵より「コンサルタント」のほうが新時代らしさが感じられるかもしれない。

大きな見どころのひとつは、ドラマ『モンテ・クリスト伯 ─華麗なる復讐─』(2018年)、『レ・ミゼラブル』(2019年)と海外古典を現代日本版にアレンジしたドラマ作品で主演を務め続けているディーン・フジオカの存在そのものだ。

ディーン・フジオカは、『モンテ・クリスト伯』ではシンガポールから来た投資家、『レ・ミゼラブル』では別人になりすました弁護士と、現実味の薄いミステリアスな人物を演じてきた。本作でも、獅子雄は「犯罪コンサルタント」という聞き慣れない職業だし、なぜか警察の捜査に参加しているしで、謎の多い人物となっている。

過去2作でのディーンが演じた人物は、簡単には人に言えない感情や心の傷を持っていた。その心の奥にあるものを、人前で嘘を吐いて隠すのではなく、彼らはまるで最初から存在しないかのように振る舞う。つまり、ディーンは登場人物を演じる奥に、さらにその人物の本質を隠し持っていた。二重の演技をしていたのだ。
本質に迫るには、誰かがかき分けて入らなければいけない。その誰かが、今回は若宮になるのだろう。


一方で、岩田剛典もディーンと同じく表層をまとった人物を演じることに長けた俳優だ。2018年公開の映画『去年の冬、きみと別れ』では、本当の自分を覆い隠して生きる若手記者を演じ切っていた。公開当時、「岩田剛典がこんなにすごい俳優だったとは」と驚く声をよく聞いた。

本質を隠すのが上手いディーン・フジオカと岩田剛典が、バディとなり事件の謎を解く。『シャーロック』には「隠しごと」が何重にも張り巡らされている。隠されれば隠されるほど、のぞきたくなるものだ。『モンクリ』に続き、今回もハマッてしまう予感がする。

獅子雄は罪人をジャッジしない


第1話のゲストは、中尾明慶が演じる自殺した医師・赤羽、その妻・汀子(松本まりか)。その他に、看護婦・水野麻里(松井玲奈)、警備員(木下ほうか)、赤羽の担当教授(平泉成)と、豪華な俳優陣だった。設定や獅子雄の言動に飛び道具感があるぶん、意外性を狙わず納得の配役だ。

医師という夫の職業だけに価値を感じていた妻・汀子は、自分の手を汚さずに2人の人物を殺す。その真相がわかって警察に突き出されそうになったとき「私、こどもがいるのよ? 赤羽の子よ? ねえ」と獅子雄と若宮にすがる姿。身勝手さへの怒りを通り越して、憐れな程に露骨だった。

獅子雄「俺はバターとパセリの謎が解けたから、あとはどうでもいい。刑事じゃないしな」
若宮「え、刑事じゃない?」

獅子雄は「赤羽は、奥さんの言葉に従ったんじゃない。絶望したんだ」と告げるものの、汀子を諭したり罰しようとしたりすることはない。他人をジャッジしないという姿勢も、令和らしさのひとつだろうか。

「バターとパセリの謎」は、「シャーロック・ホームズ」シリーズの『六つのナポレオン(六つのナポレオン像)』で言及されていた事件だという。『アントールドストーリーズ』というサブタイトルがついている本作では、原作の中では言及されるに留まっている事件を膨らませていく。原作を知っていても知らなくても、新鮮に見ることができる。

今夜放送の第2話では、菅野美穂をはじめ、映画『愛がなんだ』(2019)で人気となった岸井ゆきの、そして三浦透子がゲストとして登場する。本作が、令和の東京がどんな世界かを解き明かしてくれるのが楽しみだ。

(むらたえりか)

=配信サイト=
FOD:https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4l20/
TVer:https://tver.jp/corner/f0040635

=作品情報=
『シャーロック:アントールドストーリーズ』(フジテレビ系)
10月7日(月)スタート 毎週月曜21:00~21:54
出演:ディーン・フジオカ、岩田剛典、山田真歩、ゆうたろう、佐々木蔵之介ほか
原作:アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』シリーズ
脚本:井上由美子
プロデュース:太田大
音楽:菅野祐悟
オープニングテーマ:DEAN FUJIOKA「Searching For The Ghost」(A-Sketch)
主題歌:DEAN FUJIOKA「Shelly」(A-Sketch)
演出:西谷弘、野田悠介、永山耕三
制作著作:フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/sherlock/

当記事はエキレビ!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ