優木まおみ、夏菜、藤田ニコル…“昆虫食”を余裕でこなした芸能人たち

まいじつ

2019/10/14 17:30

井上咲楽 
(C)まいじつ 

“昆虫食”タレントとしての活躍ぶりがたくましい井上咲楽が10月2日、20歳の誕生日を迎え、東京・目黒区の大圓寺で晴れ着姿を披露した。

2015年の『第40回ホリプロタレントスカウトキャラバン』で特別賞を受賞した井上は、栃木県の出身。太い眉毛が印象的で、バラエティーなどで活躍中だ。この日も絵馬に「眉毛より濃い人生を」としたためた。

2年ほど前にテレビ番組のロケで「はちのこ(蜂の幼虫)」を食べて以来、昆虫食にハマっており、これまで食べたことのある昆虫はアリ、イナゴ、ムカデ、カブトムシ、ダンゴムシなどさまざま。解禁になるお酒についても、「飲みたいのはタガメ酒。タガメって洋ナシの香りがするんですよ」と笑顔を見せていた。

「昆虫食は栄養価も高い。いつか常食になると思うので素晴らしさを広めていきたい」と、ユニークな目標を掲げた井上だが、実は井上のように、これまで昆虫食を経験した女性タレントは結構いる。

所変われば昆虫は常食


「2004年の『世界ウルルン滞在記』でタイを訪れた優木まおみはアリ、ハチ、コオロギなどを使った料理を味わいました。最近、バラエティーで活躍している夏菜は昨年、フジテレビ系のバラエティー特番『世界動物(アニマル)ゲキレアハンター』のアフリカロケで、蛾の幼虫を食すことに挑戦。藤田ニコルは『有吉弘行のダレトク!?』(同系)の『キモうまグルメ』というコーナーで、いろいろな虫を食べています」(芸能記者)

『AKBグループ』の中にも昆虫食の経験者がいる。

「元『AKB48』の川栄李奈は『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)でざざ虫を食し、元『欅坂46』の長濱ねるは虫ではないですが、幼少期にサワガニを獲って生で食べていたとテレビ番組で話したことがあります。長濱は3歳から7歳まで五島列島・中通島で育っており、自然に囲まれて生活していたようです」(同・記者)

タピオカの次は、〝昆虫食ブーム〟が来るかも!?

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ