TVアニメ『放課後さいころ倶楽部』、第3話のあらすじ&先行場面カット公開


2019年10月から放送開始となったTVアニメ『放課後さいころ倶楽部』より、第3話「ひとりとちゃうから」のあらすじ&先行場面カットが公開された。

○●TVアニメ『放課後さいころ倶楽部』、第3話のあらすじ&場面カット

■第3話「ひとりとちゃうから」
ある日の休日、美姫は綾の家で遊ぶことになった。美姫が待ち合わせ場所に向かう途中、神社の境内を歩いていると、猫が軒下に隠れてしまって困っている綾の姉、花と出会う。綾の家に着くと、綾、翠、花と、花の友達の牧京子とボードゲームをすることに。見た目が不良風の京子に戸惑う美姫だったが、彼女は美姫と以前どこかで会ったような気がしていた…。ボードゲームを進める中、美姫は京子との出会いを思い出していく…。
(脚本:松田恵里子、絵コンテ:今泉賢一、演出:有冨興二、作画監督:KIM YONG SIK、総作画監督:伊部由起子/宮川智恵子)

TVアニメ『放課後さいころ倶楽部』は、ABCテレビ、TOKYO MXほかにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)中道裕大・小学館/放課後さいころ倶楽部製作委員会

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ