台風19号の北上に伴い次第に北日本も厳重警戒

日直予報士

2019/10/12 16:12

大型で非常に強い台風19号は15時現在、東海沖を1時間に30キロの速さで北北東に進んでいます。静岡と関東甲信には、大雨特別警報が発表されました。台風はこのあと12日(土)夜にかけて、静岡県または関東地方に上陸する見込みです。

●台風19号は関東から北海道の東の海上へ

大型で非常に強い台風19号は、勢力を保ったまま12日(土)夜までに、静岡県または関東地方に上陸する見込みです。13日(日)は速度を速めながら関東から東北地方へ進み、夕方までには北海道の南東の海上で温帯低気圧に変わるでしょう。

●この後の雨と風の予想

静岡や関東甲信では、24時間の雨量が、10月1か月分で降る量よりも多く降った所があり、大雨特別警報が発表されました。台風の北上に伴い、大雨の場所も北に進むでしょう。13日(日)0時頃には東北の太平洋側が強雨域となる見込みです。風は九州から東北の広い範囲で暴風となるでしょう。北海道から関東の太平洋側では南より、日本海側と四国・九州南部では北よりの風が非常に強く吹く所がある見込みです。また、暴風に伴い、四国から東北の海上では、波の高さが10メートルを超え、猛烈にしけるでしょう。大雨に伴う災害や暴風、高波に厳重に警戒してください。

●沿岸では高潮にも厳重警戒

また、台風の接近に伴い、13日(日)の明け方にかけて、西日本から北日本の広い範囲で潮位が高くなるでしょう。特に静岡県では、これまでの最高潮位を超える記録的な高潮となるおそれがあります。台風が上陸する静岡県や関東地方を中心に、沿岸部では厳重な警戒必要です。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ