台風19号 関東も暴風域 千葉県で瞬間風速25m超

日直予報士

2019/10/12 14:02

台風19号は少しスピードアップ。暴風域が関東にかかってきました。台風15号の影響が残る千葉県内でも、また最大瞬間風速25m/sを超えた所があります。

●いよいよ 関東も暴風域に

台風19号は、進行速度を少しずつ上げてきています。12日9時には、1時間に20キロの速さで北へ進んでいましたが、14時には1時間に30キロの速さで北北東へ進んでいるとみられます。台風の北上に伴って、暴風域が関東地方にかかってきました。
このため、台風15号の爪痕が残る千葉県内では、館山市で、12時22分に最大瞬間風速25.6m/sを観測。千葉市や羽田空港などでも最大瞬間風速が20m/sを超えました。これは、風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出るくらいで、屋根瓦がはがれるものがあるほどの風です。

●「記録的な暴風」の恐れ

関東地方では、この後は雨だけでなく、風のピークを迎えるでしょう。13日の明け方まで暴風に警戒が必要です。特に、夜は最大瞬間風速60m/sと、記録的な暴風となる恐れがあります。これは、屋外での行動は極めて危険なレベルで、走行中のトラックが横転するほどの風です。暴風だけでなく、うねりを伴った高波にも、厳重に警戒して下さい。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ