『スカーレット』戸田恵梨香の“涙の叫び”にネット感動「朝からもらい泣き」の声

クランクイン!

2019/10/12 11:45

 戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第2週「意地と誇りの旅立ち」(第12回)が12日に放送され、15歳のヒロイン・喜美子(戸田)が、父・常治(北村一輝)に対して、涙ながらに本音を打ち明けるシーンに「切ない」「朝からもらい泣き」「泣けちゃう」といった声がネット上に多数寄せられた。

地元での就職を取り消された15歳の喜美子に、常治は大阪で新たな就職先を見つけてくる。喜美子は内心、信楽を離れたくなかったが、家族のために本音を隠して就職を受け入れる。さらに中学校で成績優秀な喜美子に進学の誘いがあるも、断らざるをえない。そして喜美子は、信楽を離れるという噂を聞いた照子(大島優子)から柔道勝負を挑まれ、信作(林遣都)立ち会いの下、涙の勝負の幕が上がる…。

大阪行きを了承した喜美子は、風呂釜の薪をくべながら、浴室にいる父に話しかける。喜美子は大阪から信楽に越してきたばかりの幼少期、道端で本物のタヌキを見たこと、そしてそのことについて友人の信作から“よそ者はタヌキにバカされる”と言われたことを明かす。彼女は続けて「あれ以来、会うてへんねん」と話すと「なんでかわかる?」と常治に問いかける。彼が答えに窮していると、喜美子は涙を堪えながら「もうよそもんやないからな」と発すると「ウチは信楽の子や!」と一言。「ウチは信楽、好きや」と語る喜美子は、感情が抑えきれなくなると「ウチはウチ…大阪行きたない!」と声をあげ、涙を流す。

大阪への就職を告げられながらも気丈に振る舞っていた喜美子が、常治に対して気持ちを打ち明けたシーンに「キミちゃんも本音言えたね」「悲しいなぁ、行きたくないよなぁ」「大阪行くのは切ないね」などの声が多数寄せられた。またヒロインが涙する姿に対して「朝からもらい泣きしてる」「涙と一緒にあふれ出たキミちゃんの本音に泣けちゃう」「今日休みでよかった(大号泣)」といった声も相次いでいた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ