Y字路で起こった2つの事件によりつながった3人の運命を描く

NeoL

2019/10/12 12:35



『悪人』『怒り』など映像化が続く吉田修一の原作を、瀬々敬久監督・脚本により実写映画化。

ある地方都市で起きた幼女失踪事件。事件の関係者である孤独な青年・豪士と、失踪した少女の親友・紡。とあるきっかけで出会った2人はそれぞれの不遇に共感し合うが、事件から12年後、再び同じY字の分かれ道で少女が姿を消し、事態は急変。さらに、Y字路に続く限界集落で暮らす善次郎は、村おこしの計画がこじれ村人から孤立。誰もが想像もつかなかった事件に発展する――。

綾野剛が主演を務め、犯人と疑われる青年・豪士を熱演。彼らの運命の結末とは……。公開は10月18日より。

楽園監督・脚本:瀬々敬久出演:綾野剛/杉咲花(2019年/日本)10月18日(金)全国ロードショー(C)2019「楽園」製作委員会https://rakuen-movie.jp/

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ