【東京モーターショー2019】ヤマハ 無人自動運転ビークルなど出展

オートプルーブ

2019/10/12 12:30

ヤマハは2019年10月10日、東京ビッグサイトで10月24日~11月4日にわたり開催される「第46回東京モーターショー2019」に、「人はもっと幸せになれる -ART for Human Possibilities-」をテーマとして出展すると発表した。

■出展内容■ランド リンク コンセプトワールドプレミアとなる特別出展「ランド リンク コンセプト」は、 周囲をセンシングしながら大地を自在に移動する自律・自動運転ビークル。開発コンセプトは「呼応し合う・LINK」

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});AI画像認識により自ら走路を判断。行く先を拒む障害物を検知し、自ら避けて走行することができる。それぞれ操舵・駆動可能な4つの車輪で方向を問わない移動を実現。高い機動力を備え、人とともに作業することができる。

■YNF-01特別出展「YNF-01」は、乗る人の冒険心を掻き立てる走破性とデザインを両立した、低速モビリティのコンセプト・モデルだ。

オフテイストのデザインに、大径タイヤと4輪独立サスペンションを装備して、乗る人の「行きたい場所にはすべて行き、やりたいことはすべてやる」という意欲を刺激する。Red Dot Awardデザインコンセプト2019受賞。

var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || [];microadCompass.queue.push({"spot": "2855f6f1517a0e35089113339090f10c"});googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2ndright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274856377-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});■JWX-1 PLUS+特別出展の「JWX-1 PLUS+」は車いす用電動ユニットで、駆動輪を交換することで普段使い慣れた手動車いすを電動化するユニットだ。手動車いすの手軽さに電動化による快適性を加えることで、車いすユーザーの行動範囲を大きく拡げることができる。

速度制御や加速・減速度制御など、ヤマハ独自の走行機能制御システム「JW Smart Core」を採用している。

ヤマハ 関連記事ヤマハ発動機 公式サイト

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ