なかなか興味深い! 筋トレに対する男女の意識の違い4つ




テレビやSNSで筋トレが話題になることが増えました。筋トレなんてマッチョな男性たちの専門領域、なんて今や古い考え。きれいな女性やモデルさんでも、ボディシェイプの一環としてうまく取り入れています。一度始めると皆さん、夢中になってはまり込むようですが、そこには男女で微妙な意識の差も生じるようです!

筋肉に対する男女の意識の違いとは?

男性はパンプアップ、女性はスリムダウン



一口に筋トレ、といっても実に奥深いものです。全身のどの筋肉にアプローチするか、どこを鍛えたいのかによってトレーニングの内容も大きく変わります。男性たちが目指すのはパンプアップ、つまり筋肉を大きくすること。
でも女性が筋トレを始める大きな動機はダイエットやスリムなボディになりたい! という思いが強いのです。体質的にも男性のように筋肉量を増やすことは向いていないのですが、目指す理想像は男女で大きく違います。

筋トレで仕事上の評価やイメージがアップするのは男性だけ?

男性の場合だと筋トレを毎日しているということは、つまり「プライベートにおいて自己管理ができており、セルフコントロールする精神力がある」として外見的な面以外でも仕事においてプラス評価につながることが多いようです。
でも女性の場合、筋トレをしているからと言って、仕事において好印象につながることは残念ながらあまりないみたい。むしろメイクファッションで自分をうまく表現するほうが好印象につながりそうです。

恋愛面でのアピールには効果的?



“モテたい”から筋トレをする、というのはおそらく男女でもっとも意識が分かれるところでしょう。男性の場合、筋肉イコール逞しさや頼りがいといった、いいイメージにつながります。でも女性に求められるモテ要素、例えば可愛らしさ、優しさ、といったことと筋トレはあまり結びつかないイメージです。
もちろん、筋肉体質の引き締まったボディの女性が好きという男性もいるでしょうが、割合としてはかなり少数派のはずです。

女性ははまり込む前に自分でセーブできる?

筋トレは一度ハマったら、その魅力にどんどんとりつかれてしまう“沼”でもあります。自分の体が確実に変わってゆくことを実感しやすいのですから、当然と言えば当然かもしれません。特に男性は恋愛、仕事面でもプラス評価につながりやすいことから、ズブズブとはまり込んでゆく人が多数。
その点、女性はムキムキになることを目指しているわけではないので、そこまではまり込む手前で引き返すことができます。

まとめ

筋トレはもはや完全に男性の世界ではなく、女性にとってもダイエットやボディシェイプのために欠かせないものになってきました。特に無駄のないすらりとした背中やきゅっと引き締まったヒップを手に入れたいなら、普通のダイエットだけではなく筋トレを取り入れることも欠かせないでしょう。
今やジムデートをするカップルも増えました。ぜひ日々の習慣に賢く取り入れてみて下さいね!

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ